現代日本文学[緑]




岩波ブックサーチャー
 
柿の種
寺田 寅彦
■緑37-7
■体裁=文庫判・並製・カバー・312頁
■定価(本体 700円 + 税)
■1996年4月16日
■ISBN4-00-310377-7

日常のなかの不思議を研究した物理学者で,随筆の名手としても知られる寺田寅彦の短文集.大正9年に始まる句誌「渋柿」への連載から病床での口授筆記までを含む176篇.「なるべく心の忙(せわ)しくない,ゆっくりした余裕のある時に,一節ずつ間をおいて読んでもらいたい」という著者の願いがこめられている.(解説=池内 了)


◇◇ネット書店で購入◇◇
 Amazon SeveNET 紀伊國屋 BookWeb Honto e-hon CLUB JAPAN
※ネット書店によっては取扱いの無い場合があります.あらかじめご了承ください.


◇◇電子書籍版の購入はこちらから◇◇
 Honto Reader Store GALAPAGOS STORE 紀伊國屋 BookWeb BookLive iBookStore


書評掲載案内
日本経済新聞(朝刊) 2014年9月7日
図書館教育ニュース 2014年8月28日号
朝日新聞(夕刊) 2014年7月28日
朝日新聞(夕刊) 2011年3月23日
朝日新聞(夕刊) 2009年10月26日
ジェイヌード 2009年5月21日号
Fukuoka BI:KI 2008年12月5日
読売新聞(朝刊) 2006年7月16日
教育と医学 2005年11月号
毎日新聞(朝刊) 2004年8月22日
婦人之友 2004年8月号



Copyright 2003 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店