フランス文学[赤N]




岩波ブックサーチャー
 
狐物語
鈴木 覺,福本 直之,原野 昇 訳
■赤N503-1
■体裁=文庫判・並製・カバー・346頁
■定価(本体 760円 + 税)(在庫僅少)
■2002年5月16日
■ISBN4-00-375014-4

12世紀後半のフランスで,異なった作者によって長期にわたって書き足されていった悪狐ルナールの物語.不倶戴天の敵である狼イザングランとの闘争を中心に,宮廷での会議の様子,商人や農民たちの暮らし,農村風景など,当時の社会が生き生きと描かれる.中世ドイツの動物叙事詩『ラインケ狐』はこの流れを汲むもので,さらにゲーテ『ライネケ狐』につながってゆく.『狐物語』研究の国際的権威3氏の共訳により,約3分の1を抄録.


◇◇ネット書店で購入◇◇
 Amazon SeveNET 紀伊國屋 BookWeb Honto e-hon CLUB JAPAN
※ネット書店によっては取扱いの無い場合があります.あらかじめご了承ください.



Copyright 2003 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店