岩波アクティブ新書

既刊書紹介

トピックス
やってみました…
編集長日記
既刊一覧




岩波アクティブ新書TOP
遊ぶ日本語 不思議な日本語 飯間浩明

著者の飯間浩明(いいま ひろあき)さんはこんな人です
早稲田大学メディアネットワークセンター非常勤講師。1967年、香川県高松市に生まれる。早稲田大学第一文学部を卒業後、同大学院博士後期課程で単位取得。古典日本語、とりわけ源氏物語の時代の日本語について、現代語との違いを視野に入れつつ研究を進めている。

こんな本です
 この本は、日本語の面白さを何とかして描き出そうという趣旨で書かれています。
 といっても、面白いしゃれや早口ことば、なぞかけ、回文などをたくさん紹介しようというわけではありません。ことば遊びの種本としての性格を、本書は持ちません。
 また、身の回りのことばの意外な語源、目からうろこが落ちるような豆知識といったようなことについても、ほとんど触れることがないでしょう。覚えておくと人に自慢できるような百科事典的な知識は、ここには多くありません。
 それでは、日本語の面白さを伝える本にならないと言われるかもしれません。でも、面白い単語や慣用句などを見つけてきて読者に示せば、それで日本語の面白さが伝えられるというものでもありません。むしろ、一見平凡でありふれたことばが、観察のしかたによっては、日本語の面白さをありありと表現していることがあります。
 本書では、日常のことばにせよ、流行語にせよ、はたまた古語にせよ、それ自体の解説をすることを目的とせず、それを手がかりとして、日本語の性質を考えることを目指します。「このことばは誤りだ」「このことばは乱れているから使うべきでない」といったような論議にとどまらず、そのことばを、日本語というものを知るための貴重な実例として、じっくり観察したいと思います。
(本書「はじめに」より)

目次
I 不思議な日本語
  1 おそろしくやさしい人
  2 大したたまげた
  3 「でも」か「ででも」か
  4 手こそくださね
  5 ふぐは食いたし……
  6 のむヨーグルト
  7 青い空と青空
  8 「猫々」とは言えないのか
II きらわれる日本語
  1 「行かれる」はヘンか?
  2 鎌倉時代の「さ入れことば」
  3 私だけだろうか
  4 ことほどさように
  5 大きな私
  6 役所は命令する
  7 81番さま
  8 あっ、どうもどうも
  9 ご苦労さま
III 変わる日本語
  1 やせませんー?
  2 私の中では
  3 「なやましい」の新?用法
  4 恋もありいの、涙もありいの
  5 真っ向勝負
  6 ていたらくぶり
  7 男のポップス・女のポップス
  8 生きくれよ
IV 遊ぶ日本語
  1 「モーニング娘。」は文か
  2 飲みニュケーション
  3 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  4 馬から落ちて落馬して
  5 桃はなぜ「モモ」か
  6 「あめつち」を作る
V 文学の日本語
  1 麦のあいよせ
  2 国境の長いトンネル
  3 智に働けば?
  4 漱石夫人の「のの」
  5 不自然な「舞姫」
  6 「源氏物語」のあいさつ
一覧へ



Copyright 2002 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店