岩波アクティブ新書

既刊書紹介

トピックス
やってみました…
編集長日記
既刊一覧




岩波アクティブ新書TOP
デジカメ写真は撮ったまま使うな 鐸木能光

著者の鐸木能光(たくき よしみつ)さんはこんな人です
小説家,作曲家.イーネットコーポレーション(http://enet.cc)代表.タヌパックスタジオ(http://tanupack.com)主宰.上智大学外国語学部英語学科卒業.『マリアの父親』で第4回小説すばる新人賞受賞.小説に『鬼族』『黒い林檎』(河出書房新社)など.デジタル関係の著作に『テキストファイルとは何か』『デジタルストレス』(地人書館),『ワードを捨ててエディタを使おう』(エスシーシー),『パソコンは買ったまま使うな!』(岩波アクティブ新書)など.文藝ネット(http://bungei.net),『著作権証明機構準備サイト』(http://chosakuken.org)発起人.タヌパックレーベルでCDも出しています.個人サイトはhttp://takuki.com

こんな本です
あなたはデジカメをこんなふうに使っていませんか?
デジカメで撮った写真をそのままメールに添付して送っている
撮った写真をホームページに載せたら汚くなってしまった
撮った写真をそのままプリントして配っている
年賀状に印刷したいけれど、ちょうどよいきれいさにならない
これではデジカメがかわいそう。ちょっとだけ手をかければ、写真は格段によくなります。


デジカメの利点の一つは、失敗写真を怖れなくてよいこと。ガバッと何枚でも撮って、その中からよいものだけを選びんで使えばよいのです。そうしたことを前提とした写真の取り方をお教えします。
撮った写真をそのまま使うのでは、デジカメで撮った意味がありません。デジカメ写真はサクッと手直しできるのがポイント。ピンぼけでも露光不足でも、簡単に修正できます。そのための優れたフリーソフトを紹介し、加工・補正の仕方を解説します。
狛犬 補正前 狛犬 補正後
夕暮れの富士 補正前 夕暮れの富士 補正後
苦労して撮った写真は人に見せたいもの。アルバムを作る、ネットで見せる、本にするなどのことが、やはりフリーソフトで簡単にできます。これは楽しみですね。

目次
 まえがき―デジカメはあなたが思っている以上にすばらしい
1 ガバッと撮る―デジカメなら自由で大胆に撮影できる
コンパクト機をメモ帳代わりに使おう
暗いところではストロボをたくな!
明るいところでこそストロボを使う
レンズ部が回転すれば超ローアングル撮影も可能
高解像度機ならトリミングを前提とした撮影も可能
近くても人物は「望遠」で撮る
同じものをしつこく何度も撮る
風景写真は構図や画角を変えて撮っておく
あると便利なお助け小物
2 撮ったまま使うな―フリーソフトで気軽に修正・加工
  まず知っておこう「解像度」の基本
WEB用写真は「縮小専用。」で解像度を下げる
露光不足もピンぼけも諦めることはない
ディスプレイの色設定
Jtrimの導入と基本的な使い方
トリミング
リサンプリング
明暗を「明るさ」で調整してはいけない
「コントラスト」はあまりいじらない
色補正は「青」を重視する
アンシャープマスクは最後に使う
3 サクッと直す―加工も管理ももっと簡単に
  IrfanViewで作業効率を大幅アップ
IrvanViewのインストール
ファイルの関連づけとプラグインの基本設定
IrfanViewの基本的な使い方
ショートカットキーで能率を上げる
画像の整理にもIrfanView
Exif情報を見る
画像の整理にはViXも便利
さらに凝った編集に挑戦
自動選択ツールの使い方
電線・電柱を消す
4 どんどん発表しよう―作品を眠らせないために
  デジタルアルバムを作る
写真でデジタル絵本を作る
ネットに自分の写真画廊を持つ
オンデマンド出版なら少部数写真集も安価に作れる
付録 これから買うなら―デジカメ選びのポイント
  なにより大切なのはレンズの明るさ
画素数競争の愚
デジカメ最大の欠点は「ぼけない」こと
弱点を知ることから始めるデジカメ選び
こんな写真もできる
一覧へ



Copyright 2002 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店