編集部だより ブックレット編集部


5月12日up!



今月の新刊

今の一冊

既刊書の紹介

既刊書一覧(番号順)

既刊書一覧(在庫連動)

刊行のことば



編集部だよりTOP
 
お知らせ
このコーナーは,編集部で交替で書いています.(5月12日
新刊のご案内はこちら
 
 
 
巨大な地震が熊本を襲いました。しかも、震源地を移動させながら、最初の揺れを上回る規模の地震が起こり、現在も余震が続いています。被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早く日常の生活を取り戻されることをお祈り申し上げます。被災地から離れている私たちにどのような支援活動ができるか、日々考えていきたいと思っています。

東日本大震災から5年の月日が経ち、記憶の風化が危惧されるなかで、今回の地震は起きました。この国が地震とは無縁ではいられないことを告げているように感じます。

ブックレット編集部はこれまで災害と復興に関する本をたびたび刊行してきましたが、その中からいくつかご紹介したいと思います。

宮地尚子著『震災トラウマと復興ストレス』は、震災による心の傷(トラウマ)に目を向け、さらには、望ましいものと思われがちな復興の過程で大きなストレスが生じることにも注意を喚起しています。被災者はもちろんのこと、被災者に寄り添っていきたいと考える人々に向けられた本です。

竹信三恵子・赤石千衣子編『災害支援に女性の視点を!』は、被災者支援が男性を基準としたものになりがちであることに警鐘を鳴らし、女性の視点に立った援助活動の必要性を訴えています。いままさに読まれるべき本です。

小社ホームページでは、東日本大震災を忘れないという決意のもと、毎月3名の方に文章を寄せていただいています。その連載をまとめたブックレットは、最新刊『3.11を心に刻んで 2016』で4冊目となります。

〈3.11〉は時間と場所を越えて、日本のあらゆる場所に姿を見せることを私たちは日ごろから忘れてはならないのではないでしょうか。

   
 
  5月3日は憲法記念日、わたしたちの憲法をよくよく考えてみました。 《今の一冊》はこちらから→  
   
 
   

今月の新刊
2016年5月10日発売です


No.950
田園回帰がひらく未来
――農山村再生の最前線
小田切 徳美,広井 良典,大江 正章,藤山 浩

来月の新刊予定 6月3日の刊行予定です

No.951
〈愛国心〉に気をつけろ!
鈴木 邦男
〈愛国心〉を汚れた義務にするな!

No.952
分断社会・日本
――なぜ私たちは引き裂かれるのか――
  井手 英策,松沢 裕作 編
  日本社会が壊れつつある

No.953
「主権者教育」を問う
  新藤 宗幸
  この教育で主権者は本当に育つのか

●テキスト電子データ提供に関して,お詫びとお願い

ブックレット939『アクセシブルデザインの発想』(星川安之著,2015年11月5日刊)の第1刷の奥付に,テキスト電子データ提供について,以下のお知らせがあります.

障害などのためにこの本をお読みになれない方に,本書のテキスト電子データをCD-Rにてお送りいたします.ご希望の方は,①本書後ろカバーのテキストデータ引換券(コピー不可),②250円分の切手,を同封し,お送り先の郵便番号,ご住所,お名前を明記の上,下記までお申し込み下さい.(以下省略)

しかし,手違いにより,①のテキストデータ引換券を本につけないまま刊行してしまいました.誠に申し訳ございません.

テキスト電子データをご希望の方は,恐れ入りますが,本書後ろ表紙の右下を,青い印刷部分が入るように斜めに切り取って,①の代わりとしてお送り下さい.

ご不明な点がございましたら,『アクセシブルデザインの発想』テキスト電子データ送付係(代表電話:03-5210-4000)までお問い合わせ下さい.どうぞよろしくお願い申し上げます.




Copyright 2016 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店