編集部だより


小人の冒険シリーズ




児童書目録



編集部だよりTOP

ゲド戦記


 
 2008年4月2日、戦後児童文学界に大きな足跡を残された石井桃子さんが101歳の生涯を閉じられました。
 編集者・作家・翻訳家として、家庭文庫活動の草分けとして、幅広く活躍してこられた石井さんのお仕事は、日本の子どもの本を語る上で欠かすことができません。
 約200冊の著訳書のうち、『ちいさいおうち』『クマのプーさん』を初めとして、半数近くが岩波書店から刊行されています。
 


   
1907  埼玉県浦和に生まれる
1923 埼玉県立浦和高等女学校卒業
1928 日本女子大学校英文学部卒業
1929 文藝春秋に入社(〜1933)
1933 プーさんの原書に出あう
1934 「日本少国民文庫」(山本有三編、全16巻、新潮社)の編集に携わる(〜1936)
――戦時中、友人と白林少年館をおこして『たのしい川邊』(中野好夫訳)、『ドリトル先生「アフリカ行き」』(井伏鱒二訳)を出版
1940 初めての訳書『熊のプーさん』刊行
1945 宮城県栗原郡鶯沢で開墾・農業を始める
1950 岩波書店の嘱託になり、「岩波少年文庫」「岩波の子どもの本」の企画編集に携わる(〜1954)
1951 『ノンちゃん雲に乗る』で第1回文部大臣賞受賞 
1954 ロックフェラー財団の奨学金を受け、アメリカ、カナダ、ヨーロッパへ(〜1955) 
1957 家庭文庫研究会を始める(〜1964) 
1958 荻窪の自宅に「かつら文庫」を開く 
1960 児童文学についての約5年間のグループ研究のまとめを『子どもと文学』(瀬田貞二、鈴木晋一、松居直、いぬいとみこ、渡辺茂男との共著)として発表 
1961 カナダ、ヨーロッパへ(ファージョン訪問など)
1965 『子どもの図書館』として、かつら文庫7年間の記録をまとめる 
1967 ヨーロッパ、カナダ、アメリカへ 
1972 イギリスへ(ウィンダミア湖、サトクリフ訪問など) 
1974 設立発起人であった「東京子ども図書館」が財団法人になる 
1976 環太平洋児童文学会議(カナダ)に参加 
1979 カナダへ(オズボーン・コレクション訪問) 
1984 第1回子ども文庫功労賞を受賞 
1993 日本芸術院賞を受賞 
1994 『幻の朱い実』刊行、読売文学賞受賞(1995)
1997 日本芸術院会員になる
2008 朝日賞を受賞.4月2日,他界
 


 




 
 
 石井さんが初めて世に出した本は、『熊のプ−さん』(1940年、当時は漢字の熊)と『プ−横丁にたった家』(1942年)です。知りあいの家で、クリスマスツリーのそばに置かれた原書を手にとった瞬間から魔法のようにその世界に入れたという、運命的な出会いでした。以後、プ−さんは、石井さんにとって生涯のたいせつな道づれとなりました。
 シェパードの魅力的なイラストと石井さんの名訳により、クリストファー少年や、プ−やコブタ、イーヨーたちは、魔法の森で永遠の命を得ています。





 
 
 バージニア・リー・バートンは、20世紀アメリカの代表的な絵本作家。『ちいさいおうち』でコールデコット賞を受賞しました。デザインセンスにすぐれた躍動感あふれるバートンの絵本は、多くの読者をとりこにしています。
 1964年に来日の折には、石井さんの主宰する「かつら文庫」を訪問。『せいめいのれきし』に出てくる恐竜をその場で大きな紙に描いてみせ、子どもたちを大喜びさせたそうです。

ちいさいおうち
せいめいのれきし





 
 
 エリナー・ファージョンは、第1回の国際アンデルセン賞を受賞したイギリスの作家。とりわけ短編集『ムギと王さま』が有名です。ファージョンがみずみずしい空想力で紡ぎだした作品の数々は、石井さんの香り高い名訳でいっそうの輝きをはなっています。
 「エルシー・ピドック、夢で縄とびをする」(5巻『ヒナギク野のマーティン・ピピン』)は、ストーリーテリングによく使われる感動的なお話で、独立した絵本にもなっています。
ファージョン作品集
エルシー・ピドック,ゆめでなわとびをする




 
 
 石井桃子さんは、岩波書店に入って「岩波少年文庫」(1950年〜)の創刊を手がけ、確固とした基礎をきずきました。編集者として作品の選択はもちろんですが、自ら『小さい牛追い』などの翻訳も手がけました。1953年には、絵本コレクターだった光吉夏弥氏の協力を得て「岩波の子どもの本」も創刊。日本の絵本界に新風を吹きこみました。
 「岩波少年文庫」は、その後何度か衣替えをしてきましたが、創刊50年(2000年)を機に、新版に切り替わっています。





 
 
戦後児童文学の草創期から今日まで、第一人者として大きな足跡を残された石井桃子さんの、半世紀のあゆみを一望におさめる、初の著作集。創作・再話・絵本・紀行文・評論・エッセイ等、50年間の多様な著作のなかから主要な作品を収めました(翻訳と『幻の朱い実』は除く。絵本は、文章のみ)
 5巻は、〈岩波新書〉『子どもの図書館』に加筆して新編としたもの。7巻は初めて編んだ『エッセイ集』、巻末に「自筆年譜」と「著作リスト」(翻訳を含む)が付きます。1〜6巻の解説では、天沢退二郎、金井美恵子、河合隼雄、清水真砂子、松岡享子、松居直の各氏が、石井さんの仕事について、その魅力を語ります。
石井桃子集(全7冊)


 
↑click!     品切の本も含みます




*小冊子をご希望の方は、
〈愛読者の窓〉か読者係まで
〒101-8002東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店
電話03(5210)4111(読者係)
FAX 03(3263)6999(読者係)
・上記小冊子内,「絵本・物語(小学1・2年から)」の項目にある『りすのパナシ』は「★品切」となっておりますが,童話館より刊行中です(1575円).



Copyright 2006 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店