自然科学書編集部

9月9日

Autumn Leaves and goldfish
Autumn Leaves and goldfish

『科学』9月号
2016年9月号
【特集】2016年熊本地震

岩波科学ライブラリー

電子書籍

叢書・シリーズ

重版・復刊情報

岩波オンデマンドブックス

いま読みたい一冊

これから出る本より



〈生物多様性〉を考える


ファインマン特集



総合目録2016年版
PDFファイル(約7MB)


お知らせ
嶋田珠巳『英語という選択――アイルランドの今に多数の書評をいただいています。「母語を奪われるとはどういうことか……人と言語との関わりについて多くのことを教えてくれる」(斎藤兆史さん、7/10産経新聞)、「本書を通して、多くの読者は舞台を日本に置き換え、英語の氾濫や伝統方言の喪失について思いを馳せることだろう」(黒田龍之助さん、8/14日経新聞)、「言葉は単なる営業手段ではない。言葉は心を作るのだ」(岡ノ谷一夫さん、9/4読売新聞)。もうすぐ重版出来です。
『なぜ蚊は人を襲うのか』がおかげさまで増刷。著者の嘉糠洋陸さんがNHK「ガッテン!」に登場されていたのをご覧になられた方も多いでしょうか。「蚊の目線で書かれた本」だと、ライターの武田砂鉄さんが『サンデー毎日』誌上で取り上げてくださいました
電子書籍版〈岩波科学ライブラリー〉配信中です。今月の書目は『おなかの赤ちゃんは光を感じるか――生物時計とメラノプシン。また今月は、高野陽太郎『鏡映反転――紀元前からの難問を解くの電子書籍版もリリースします。ともに9月15日配信開始です。
【いま読みたい一冊】
「教壇に立ち続けて50年弱。遺著が語る思いとは?」

生井澤 寛 著
キーポイント 電磁気学』〈物理のキーポイント2〉
東京大学教養学部で長く物理を教えられ、その後も放送大学で物理教育に力を注がれた生井澤さんの最後の本。本書の刊行7カ月後の、これからというときに…… » 続きはこちら
メールマガジン「岩波書店 自然科学書案内」を配信中です。新刊・重版の情報のほか、月間売り上げランキングも掲載します。ご登録(無料)はこちらからどうぞ。

新刊のご案内

■9月
「天文学的」を超える
天文学的な数々
巨大数
〈岩波科学ライブラリー〉
巨大数
鈴木真治
物理学の最前線「場の理論」は
いかに生まれたか
物理学を変えた二人の男
物理学を変えた二人の男
ナンシー・フォーブス,
ベイジル・メイホン/
米沢富美子,
米沢恵美 訳
恐ろしい毒薬はどのようにして
娯楽になったのか?
アガサ・クリスティーと14の毒薬
アガサ・クリスティーと
14の毒薬
キャサリン・ハーカップ/
長野きよみ 訳
彼らはいったい何を
守ろうとしたのか
ヒトラーと物理学者たち
ヒトラーと物理学者たち
フィリップ・ボール/
池内 了,小畑史哉 訳
胎児の「視覚」には
驚くべき秘密があった
おなかの赤ちゃんは光を感じるか
〈岩波科学ライブラリー〉
おなかの赤ちゃんは
光を感じるか
太田英伸
 
 
 
  • 『宇宙の統一理論を求めて』(現代文庫)は,こちらへ >>
  • 『ノーベル賞でつかむ現代科学』(ジュニア新書)は,こちらへ >>

■8月
星くずの中には,
宇宙が眠っている
星くずたちの記憶
〈岩波科学ライブラリー〉
星くずたちの記憶
橘 省吾
岩澤理論の到達点を示す
初の試み!
岩澤理論とその展望(下)
〈岩波数学叢書〉
岩澤理論と
その展望(下)
落合 理
数学の原理を活かす
モデル化と計算法を解説
数値解析の原理
〈岩波数学叢書〉
数値解析の原理
菊地文雄,齊藤宣一
パンダって,何モノ!?
パンダ
〈岩波科学ライブラリー〉
パンダ
倉持 浩

■7月
蚊は人類史上最大の
好敵手である!
なぜ蚊は人を襲うのか
〈岩波科学ライブラリー〉
なぜ蚊は人を襲うのか
嘉糠洋陸
媚薬,贈り物,共食い……
そこまでやるのか,ウミウシ
うれし,たのし,ウミウシ.
〈岩波科学ライブラリー〉
うれし,たのし,ウミウシ.
中嶋康裕
 
 
 
  • 『人類の未来と地球科学』(現代全書)は,こちらへ >>
  • 『地球温暖化は解決できるのか』(ジュニア新書)は,こちらへ >>
▲ページのTOPへ
以前のご案内書目はこちらからどうぞ >>

Copyright 2016 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店