編集部だより






 

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに
中野麻美著
(新赤版1038)

 
 
 

 人間の労働が“物件費”に組み込まれ、商品以上に買い叩かれる。競争に競り勝って仕事を得ても、正社員とのポスト争いで泥沼。働く現場がダンピング攻勢にさらされている。有期雇用、派遣、パート・アルバイト、偽装請負、「登録型」派遣……雇用の液状化現象が働き手を襲う生々しい現場報告。一人ひとりが人間として働き生きるためのオルタナティブを考える。

(新書編集部 上田麻里)
 
 
 

■著者からのメッセージ
 景気は上向いて失業率も改善傾向を示しているように見えるが、足元では雇用の地殻変動がかなりの規模で起きている。

 企業は競争力を確保するために、働き手の雇用と労働条件をどんどん切り下げ始め、いまや、所得の面では貧困化、働き方の面では「KAROSHI」が国際的に通用するほどの長時間過密労働が働き手を襲っている。こうして生身の人間の生活と健康を切り刻みながら、地殻変動は、雇用の枠組みそのものを融解させてしまう勢いだ。グローバル化が必然的なもので、規制緩和しか方法がないとすれば、この傾向はもっと激しくすすんで人間社会の基盤そのものを突き崩してしまうのだろう。

 改革は必要だが、いままでとは違ったやり方があるはずだ。グローバル化と向き合いながら、不合理な格差をもたらす要因を取り除いて、「働きに応じて公正に報われる」「安心して働き、生活できる」社会と労働のシステムを打ち立てなければならない。何をどう改革するかが問われているところで、もう一度現実から出発して、何から挑んでいけるのか課題を探りたい。そして、それは私たち一人ひとりの生き方の問題なのかもしれない。

 
 
 

■著者紹介
中野麻美(なかの・まみ)1975年北海道大学法学部卒業。79年弁護士登録(東京弁護士会)。現在は、NPO派遣労働ネットワーク理事長・日本労働弁護団常任幹事。
  著書に『最新労働者派遣法Q&A』(編著、旬報社)、『20歳の法律ガイド(第4版)』(有斐閣)、『全図解 セクハラ・DV・ストーカー・ちかん』(共著、自由国民社)、『労働者派遣法の法律相談』(編著、ぎょうせい)、『労働者派遣法の解説』(一橋出版)、『ワタシの「困った!」を解決する本』(共著、旬報社)、『派遣社員のトラブルなんでもQ&A』(共著、有斐閣選書)、『あなたをパワーアップ―改正均等法活用のポイント』(編著、労働教育センター)、『働く女たちの裁判』(共著、学陽書房)、『21世紀の男女平等法(新版)』(共著、有斐閣選書)などがある。

     
  ■目次
はじめに

 
 
第1章
いま何が起きているのか  
  1 「雇用の融解」がはじまった
    労働の商取引化/正規雇用の請負化/雇用が融解する
  2 労働ダンピング
    低賃金と「細切れ」雇用/働いても働いても生活できない/社会からの排除/本人の「努力が足りない」のか/常用代替のなかの正社員労働/仕事と所得の二極化の果てに
  3 なぜ労働の商品化がすすむのか 
    経済分野における規制緩和/競争政策は労働システムの何を破壊するのか/負の影響は一時的か/ニュージーランドの経験
 
  第2章 ダンピングの構造  
  1 非正規雇用化
    非正規雇用の三つの要素/短時間労働はなぜ家計補助的低賃金なのか/有期の条件を用いた差別/アウトソーシングによるダンピング/雇用責任はどこに?
  2 競争と格差
    正規雇用との競合/正規雇用に代替させられる非正規雇用/サービスの質
  3 値崩れの連鎖
    契約を用いた差別の強化/利用される格差/見直される労働のルール
  4 拡大していく貧富の格差
    日本の格差と貧困化/契約形態による格差と男女間格差/若者世代の就職と未来
 
  第3章 労働は商品ではない  
  1 労働のルール
    労働は商品ではない/労働法とは何か/公正労働基準の確保/働き手の生活と権利を確保する
  2 規制緩和が非正規雇用を襲う
    偽装請負のなかの移民労働者/違法労働の温床はこうしてつくられた/労働者派遣の規制緩和/労働契約法が対象とする人々/強いられるダンピング契約
  3 働き方が変わる
    ホワイトカラー・エグゼンプション/「自律的な働き方」とは何なのか/働き過ぎ/労働時間の否定/強められる目に見えない拘束/人間としての生活を取り戻す
  4 正規雇用の融解を促進させるもの
    雇用と労働条件の不安定化/正規雇用の労働条件ダンピング/誰のための解雇の金銭解決制度か
 
  第4章 隠された差別を可視化する  
  1 格差問題へのアプローチ
    格差の本当の理由は隠されている/なぜ格差が拡大したのか/非正規雇用のメリットと働き方の自己決定/正規雇用のあり方も問題/日本型均衡処遇ルール
  2 性差別禁止からのアプローチ
    雇用機会均等法の改正/性差別禁止立法への転換/「自由度」に関する基準/間接性差別を排除する制度/「労働時間」による格差はどうなるのか/間接差別の概念と理論――改正均等法の可能性
  3 非正規雇用の均等待遇保障
    世界の流れ・日本の現状/雇用形態と社会的身分/同一(価値)労働同一賃金原則
  4 持続可能な雇用システム
    雇用の多様化と雇用再生/オランダ・モデル/日本の労働市場が解決しなければならないもの/少子化の行方――問われる「改革」の座標軸/「再チャレンジ支援」は流れを変えるか
 
  第5章 現実の壁に向かって  
  1 ダンピング最前線に立つ公共セクター
    公共サービスの市場化/競争入札が労働ダンピングを加速する/地域の雇用と労働条件を守れ/公正労働基準を確立する/公契約とリビング・ウエッジ/公正なグローバル化/無視できない波及効果
  2 安定した雇用を実現する
    安心して働ける仕事/あってはならない「登録型」派遣という働き方/「日雇い派遣」対策/常用代替防止は派遣労働を不安定化するのか/社員化要求/厳しい綱引き
  3 非正規雇用に正義を
    同じ人間として同一の権利を/不合理な差別の禁止と均等待遇保障/労働の商取引化と労働者の権利
  4 正規雇用にディーセント・ワークを
    非労働時間を確保する規制/客観的な職務を明確化する/商品化を食い止める「適正労働」という考え方
  5 契約形態を乗り越えて
    「ワーク・ライフ・バランス」とパートの均等待遇/働き手の選択による契約の転換/それぞれの挑戦
 
  おわりに
相談窓口一覧
本書関連・参考文献一覧
 
     
 

■本書に関連するリンク
NPO法人 派遣労働ネットワーク
日本労働弁護団
法テラス(日本司法支援センター)

     

  ■岩波新書にはこんな本もあります  
 
働きすぎの時代 森岡孝二著 新赤版963
ルポ 解雇―この国でいま起きていること 島本慈子著 新赤版859
人間回復の経済学 神野直彦著 新赤版782
過労自殺 川人博著 新赤版553
女性労働と企業社会
熊沢誠著 新赤版694
 
 
 


Copyright 2009 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店