編集部だより






 

琵琶法師―〈異界〉を語る人びと
兵藤裕己著
(新赤版1184)

 
 
 

 あの世とこの世の境で 彼らは語った

 もっとも有名な「琵琶法師」といえば、小泉八雲の怪談で知られる「耳なし芳一」でしょう。平家の怨霊に夜な夜な呼び出されて墓場で「平家物語」を語り、霊から逃れるために体じゅうに経文を書きつけて身を隠したものの、唯一経文を書き忘れた耳を奪われてしまった芳一。この物語は、単に有名な怖い話というだけでなく、平安時代からごく最近までこの日本列島に実在した琵琶法師たちのありようを良く象徴するものだといいます。

 著者によれば、「物語」のはじまりは「モノ語り」、すなわち死者の霊(=モノ)の声を聴きとり、その声を代弁して語ることでした。琵琶を演奏して歌う芸能民であると同時に、祈祷によって怨霊や祟りを鎮める民間の宗教民であった琵琶法師たちは、そのほとんどが盲目で、「耳」を媒介に世界とかかわる人びとでもありました。彼らの耳が感じとった世界は、まさしく物語の原初のすがたとして、さまざまに語られたのです。あるときは皇族や将軍のお付きの演奏者として、あるときは路地を放浪する最貧の法師として、彼らが担った「声の文化」とは、どのようなものだったのでしょうか。

 本書には「最後の琵琶法師」と言われる山鹿良之氏(1901〜96)の演唱DVDを付録としてつけました。かなり晩年の記録ではありますが、観ているうち、次第に「別の世界」に惹きこまれ、琵琶法師たちの芸能がもった強烈な磁力の一端を感じさせます。貴重な実演の記録をお楽しみください。

     
 

■著者紹介
兵藤裕己(ひょうどう・ひろみ)1950年名古屋市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。埼玉大学、成城大学を経て現在、学習院大学文学部教授。専攻、日本中世文学・芸能論。
著書─『王権と物語』(青弓社)、『太平記〈よみ〉の可能性─歴史という物語』(講談社学術文庫、サントリー学芸賞受賞)、『平家物語─〈語り〉のテクスト』(ちくま新書)、『〈声〉の国民国家・日本』(NHKブックス、やまなし文学賞受賞)、『平家物語の歴史と芸能』(吉川弘文館)、『演じられた近代─〈国民〉の身体とパフォーマンス(岩波書店)ほか。

     
 

■目次

 
 
序 章
二人の琵琶法師  
 

「耳なし芳一の話」/芳一話の系譜/耳と異界/モノ語りの担い手/最後の琵琶法師/現代の芳一/ハーンと芳一

 
第一章
琵琶法師はどこから来たか―平安期の記録から  
 

大陸の琵琶法師/ふたつの伝来ルート/盲僧の六柱琵琶/サワリという仕掛け/平安貴族による記録/『新猿楽記』の「琵琶法師」/「地神経」読誦の記録/地神の由来/四季の土用と「地神経」/霊威はげしい王子神/地母神の信仰/東アジアでの広がり/物語の母型

 
第二章
平家物語のはじまり―怨霊と動乱の時代  
 

怨霊のうわさ/竜王と平家の怨霊/安徳天皇の鎮魂/竜王の眷属/『法華経』の竜女/大懺法院の建立/『徒然草』の伝承/語り物と平家物語/語り手としての有王/琵琶法師と聖の接点/編まれてゆく物語/巫覡としての聖/モノの語りの文体/匿名的な〈声〉/「視点」のない語り/モノ語りとテクスト

 
第三章
語り手とはだれか―琵琶法師という存在  
 

身体の刻印/「内裏へは五躰不具の者入らざる…」/穢れと聖性/柳田国男の「一目小僧」/干死と怨霊/境界をまつる蝉丸/宿神と異形の王子/「悪」が支える聖性/「伊勢平氏はすが目なりけり」/母と子の神/竜女と韋提希夫人/弁才天の信仰/モノ語りする主体

 
第四章
権力のなかの芸能民―鎌倉から室町期へ  
 

寺社がはたした役割/座の形成と村上源氏中院流/当道座以前の数派/一方派と東の市/覚一本の成立/当道座の成立と本文の相伝/「平家」の流行と南北朝の政治史/「室町殿」への正本の進上/将軍家と当道座/村上源氏から清和源氏へ/将軍家の起源神話

 
第五章
消えゆく琵琶法師―近世以降のすがた  
 

応仁の乱以後/徳川政権との結びつき/地神盲僧への締め付け/「脱賤民化」のための支配構造/諸芸諸道とのつながり/三味線・浄瑠璃の台頭/東北の奥浄瑠璃/西日本の座頭・盲僧/近代に残った琵琶法師/「あぜかけ姫」の伝承/機織り淵の伝説/「俊徳丸」の伝承/アルトー版の「耳なし芳一」/おわりに―琵琶法師とはなにか

 

 「俊徳丸」DVDについて
 「俊徳丸」全七段・梗概
 あとがき

 

  ■岩波新書にはこんな本もあります  
 
平家物語 石母田 正著 青E28
日本中世の民衆像─平民と職人 網野善彦著 黄136
神仏習合 義江彰夫著 新赤版453
神の民俗誌 宮田 登著 黄版97
竹の民俗誌─日本文化の深層を探る 沖浦和光著 新赤版187
 
 
 



Copyright 2009 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店