編集部だより






 

本へのとびら―岩波少年文庫を語る
宮崎 駿著
(新赤版1332)

 
 
 

 大切な本が、一冊あればいい

 「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。

 アニメーション界のトップランナーとして世界的に注目される宮崎駿監督が、長年親しんできた岩波少年文庫の中から、お薦めの50冊を選んでくれました。思い出の一冊から、まだ読み切っていない作品まで(?)、選りすぐりの書目リストと、つい読んでみたくなる推薦文を、どうぞお楽しみください。

 本書ではあわせて監督へのインタビューを収録(*)。自らの読書体験、児童文学の挿絵の魅力、そして震災後の世界について─。本への、子どもへの、監督の熱い思いを、ぜひ多くの読者の方に受けとめていただきたいと願っています。
 *対談などから再構成した部分や加筆部分を含みます。

(新書編集部 古川義子)
     
 

■著者紹介
宮崎 駿(みやざき・はやお)1941年東京生まれ。アニメーション映画監督。学習院大学卒業後、1963年東映動画(現・東映アニメーション)入社。その後いくつかの制作会社を経て、1985年スタジオジブリ設立に参加。現在スタジオジブリ所長。監督作品に、劇場用長編「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)、「風の谷のナウシカ」(1984)、「天空の城ラピュタ」(1986)、「となりのトトロ」(1988)、「魔女の宅急便」(1989)、「紅の豚」(1992)、「もののけ姫」(1997)、「千と千尋の神隠し」(2001)、「ハウルの動く城」(2004)、「崖の上のポニョ」(2008)など。
 著書に『シュナの旅』、『何が映画か』(黒澤明氏との対談集)、『出発点』(以上、徳間書店)、『虫眼とアニ眼』(養老孟司氏との対談集 新潮文庫)、『折り返し点 1997〜2008(岩波書店)など。

     
  ■目次   
     

 

    星の王子さま/バラとゆびわ/チポリーノの冒険/ムギと王さま/三銃士// 秘密の花園/ニーベルンゲンの宝/ シャーロック・ホウムズの冒険/ふしぎの国のアリス/小さい牛追い/せむしの小馬/ファーブルの昆虫記/日本霊異記/イワンのばか/第九軍団のワシ/クマのプーさん/長い冬/風の王子たち/思い出のマーニー/たのしい川べ/とぶ船/フランバーズ屋敷の人びと/真夜中のパーティー/トム・ソーヤーの冒険/注文の多い料理店/海底二万里/床下の小人たち/ハイジ/長い長いお医者さんの話/ツバメ号とアマゾン号/飛ぶ教室/ロビンソン・クルーソー/宝島/みどりのゆび/ネギをうえた人/聊斎志異/ドリトル先生航海記/森は生きている/小公子/西遊記/クローディアの秘密/やかまし村の子どもたち/ホビットの冒険/影との戦い ゲド戦記1/まぼろしの白馬/ぼくらはわんぱく5人組/ジェーン・アダムスの生涯/キュリー夫人/オタバリの少年探偵たち/ハンス・ブリンカー  
 

 

 

 
自分の1冊にめぐり逢う─少年文庫を語る  
 

僕が本に出逢ったころ
50冊、あれこれ
ふたりの大先輩
アニメーションの現場で
〈絵〉に魅せられて
脆弱になった「目」
ただ1冊の本

 
3月11日のあとに─子どもたちの隣から  
 

吹き始めた風のなかで
子どもたちへのエール

     

  ■岩波新書にはこんな本もあります  
 
ぼくのマンガ人生 手塚治虫 新赤版509
本の中の世界 湯川秀樹 青版F90
活字たんけん隊─めざせ、面白本の大海 椎名 誠 新赤版1230
シナリオ人生 新藤兼人 新赤版902
ぼくらの言葉塾 ねじめ正一 新赤版1215
 
 
 



Copyright 2010 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店