科学

2005年5月号
(Vol.75 No.5)

目次

 

購読のご案内

科学トップページ

巻頭言   日本の医療はなぜこうなってしまったのか  近藤 誠

特集=日本の医学医療の現状と科学

【総論】 日本の医学医療の現状と科学 津田敏秀

【医学と社会の接点】
日本の医学医療と薬害  浜 六郎
日本の医学医療と「専門家」  木元康介
日本の医学と臨床現場  別府宏圀
日本の医学医療と生命倫理  谷田憲俊

【日本の医学の科学的問題点】
日本の医学医療と公害事件―認定審査会は原理的に個人の「認定」に関する新しい知見をもたらさない  津田敏秀
受診保障の医療経済学―患者自己負担をめぐって  馬場園 明
医療を支える科学的証拠の収集と評価  柳本武美
日本の大気汚染健康影響疫学調査  山本英二



科学と学問を見つめ直す対話

【座談会】      
学問とは何か―荻生徂徠のある方法的発見から

報告:平石直昭・伊藤隆司・入來篤史・可知直毅・鳥海光弘・和達三樹   

【対談】      
天と地と人の間で(最終回)−トリの目とムシの目で見た学問と大学のこれから  
池内了×鷲谷いづみ      

【座談会】      
自然観と世界観−モンゴルの食にまつわる儀礼から知るもう1つの科学  
報告:小長谷有紀・松林公蔵・山極寿一・山田勇・横山俊夫      



科学通信      
科学ニュース:医師の資格審査について
 津田敏秀      
オピニオン:1976年に米国で問題化した豚インフルエンザ事件の今日的意義 ―予防原則と公衆衛生学的対策  玉城英彦・臼田 寛・五十嵐学・河野公一
オピニオン:野生生物はどのような条件下で持続的に利用されているか ―豊富な生物知識と生物多様性の効果  百瀬邦泰
シンポジウム:第7回日米先端科学シンポジウム  三澤弘明・坂井克之
言語の起源フォーラム:言語の起源特集から1年を経て  岡ノ谷一夫・長谷川寿一・入來篤史      
コラム 大地の動き・人の知恵:地球深部探査船「ちきゅう」プロジェクト  鎌田浩毅      
コラム 科楽講座:ベーシック・カムバック  福江純

自然の叡智(最終回) 神が人類を創造したのは誤りだったのか?  Z.バトジャルガル

Nature Network―自然と人の新しい関係(最終回) Nature Network の成果と今後  千頭一郎

チリ・パタゴニア 1968-69―ある学生探検の記録(第14回) 海の放浪民「アラカルーフ」(カワシュカル) 安成哲三

京都発地球生態資源への旅(第18回)昌都の北から南へ―玉曲上流と然鳥湖の祭  山田 勇

科学技術奉行日記(最終回)シミュレータの停止   相模守虎子

アカデミック世界のマイノリティ(第22回)セクハラ加害者を訴える(その2)―裁判でできること,できないこと  沼崎一郎

ちびっこチンパンジー(第40回)数字を記憶する   井上紗奈・松沢哲郎

編集部に届いた本から 池内 了著『寺田寅彦と現代―等身大の科学をもとめて』 

50年前には

次号予告/編集後記

 

 

 

 



 

 

 

 

Copyright 2001 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店