科学

2007年2月号
(Vol.77 No.2)

目次

 

  

購読のご案内

科学トップページ

特集=太陽系の新しい常識

火星の水と氷 佐々木晶
地下にもぐる太陽系内の生命 山下雅道
エウロパの海,イオの火山,タイタンの大気 倉本圭
惑星発見の歴史と定義決定の背景 渡部潤一
太陽系はどのようにしてできたのか 渡邊誠一郎
「ひので」による太陽観測の新たな進展 常田佐久
冥王星型氷天体の姿とその起源 向井正,パトリック・ソフィア・リカウカ
人類が初めて見る微小小惑星の世界──「はやぶさ」による小惑星イトカワの探査 吉川真
隕石・宇宙塵からみた太陽系 土山明
金星の気候の謎 今村剛
巨大衝突から月へ 小久保英一郎
宇宙人としての生き方 松井孝典

[コラム]
  惑星リングの謎 大槻圭史
  生存可能惑星としての地球の普遍性 阿部豊
  氷天体の内部流動 久保友明
  惑星の動きのもつ秘めたる意味とは──占星術からみた古代・中世 三村太郎
  宇宙天気予報 柴田一成
  スターダスト計画──ミクロの目で見る彗星の姿 中村圭子
  木星の由来 生駒大洋
  月探査への期待: マグマオーシャンと月隕石 加藤學

巻頭エッセイ 学ぶ・創る・遊ぶ
  数学の天才はいかに生きたか 飯高茂

〈報告・解説〉
遺伝子組換え作物から野生種集団への導入遺伝子の環境拡散リスク評価 北本尚子・黒田洋輔,加賀秋人・大澤良

科学通信
科学ニュース:物質と反物質の化学反応を見る  早野龍五
オピニオン:宇宙政策の根幹を変える「宇宙基本法(仮称)」制定の動きと科学者・技術者の社会的責任  石附澄夫
コラム 地球の眼:隕石の酸素同位体比から新たに読み解けたこと−−隕石の由来,小惑星の表面物質  川上紳一
シンポジウム:何を創るか? 創ると何がおこるか?──日米先端工学シンポジウムより  大武美保子

地球・環境・人間(第20回) 世界の10大環境汚染地域 石弘之

星砂Times(第11回) 雌雄同体という生き方 中嶋康裕

Focus in the Dark(第4回) 水風船の破裂 伊知地国夫

日本自然再生紀行(第5回) 企業の社員参加で蘇った石岡市の谷津田 鷲谷いづみ

大宇宙からのフォト・レター(第7回) 木星の赤斑 野本陽代

137億光年を奏でる素粒子の詩(第5回) 海を渡った20トンの検出器 横山広美

ちびっこチンパンジー(第62回) グアノとティノと研究の30年 松沢哲郎

科学の社会化シンドローム(最終回) 科学の向かうところ−−社会化シンドロームを超えて 石黒武彦

心にのこる1冊
バナール著『歴史における科学I〜IV』 竹内敬人

書評
ジェームズ・R. チャイルズ著『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』/秋元健治著『核燃料サイクルの闇─イギリス・セラフィールドからの報告』 山口幸夫 評

50年前には/75年前には

編集部に届いた本から

2006年『科学』総目次

次号予告/編集後記

 

 

 

 



 

 

 

 

Copyright 2005 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店