『科学』トップページ >

『見捨てられた初期被曝』

 書誌情報のページはこちら  目次などの内容紹介ページはこちら

study2007氏の『科学』掲載論考

 study2007氏の『科学』論考から特別に公開します。

「子どもの外部被ばくと全がんおよび小児白血病リスク」(13年12月号)

 『科学』2013年12月号(第83巻第12号)1390〜1400頁、ダウンロードはこちら

 study2007氏の最初の『科学』掲載論文。
 今日においても、被曝量に対するがん・白血病のリスクがどのくらいなのか、率直に語られていません(例:田中俊一規制委員会委員長の南相馬市との意見交換(2015年10月22日)。詳しくはOurPlanet-TVのサイトをどうぞ)。
 この論文では、国際標準的な係数をもとに、それがどのくらいのものなのかを示しています。

「初期小児甲状腺被ばく調査 (スクリーニング) の再評価のために――過小評価をもたらす要因とバックグラウンドを考える」(14年4月号)

 『科学』2014年4月号(第84巻第4号)406〜414頁、ダウンロードはこちら

「体表面汚染スクリーニングが示す初期甲状腺被ばく防護の不備――もうひとつの「実測データ」による線量推計」(14年5月号)

 『科学』2014年5月号(第84巻第5号)541〜550頁、ダウンロードはこちら

「UNSCEAR2013報告から読み解く原発事故後の被ばく防護の不備」(14年6月号)

 『科学』2014年6月号(第84巻第6号)613〜621頁、ダウンロードはこちら

「第 7 回「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に(6月26日開催)関する専門家会議」における,『科学』5月号論文(参考資料1-2)に関する鈴木元委員のご発言に対する手紙」(13年12月号)

 『科学』2014年8月号(第84巻第8号)824〜825頁、ダウンロードはこちら

「見捨てられた初期被ばく――スクリーニング基準値の引き上げと変質に関する経緯」(15年3月号)

 『科学』2015年3月号(第85巻第3号)296〜306頁、ダウンロードはこちら

「神話のままの被ばく防護――事故の現実から乖離したままの原子力災害対策指針」(15年5月号)

 『科学』2015年5月号(第85巻第5号)489〜496頁、ダウンロードはこちら


旧原子力安全委員会がまとめた文書から

「小児甲状腺被ばく調査に関する経緯について」(2012年9月13日、原子力安全委員会事務局)

 ダウンロード(36M)

「住民スクリーニングと安定ヨウ素剤服用に関する平成23年3月13日の助言の経緯」(2012年9月13日、原子力安全委員会事務局)

 ダウンロード(18M)

「スクリーニングレベル変更に関する経緯」(2012年9月13日、原子力安全委員会事務局)

 ダウンロード(71M)


 原子力安全委員会がまとめていた文書は原子力規制委員会のウェブページで公開が続けられてきたが、3年を過ぎたことを理由に削除された。

 国会図書館のウェブ・アーカイブ・プロジェクトで収集されていた2015年6月2日時点の「旧組織等の情報」ページはこちら

 原子力安全委員会の「行政文書開示請求を受けてホームページに掲載した文書について(平成24年9月14日更新)」のページはこちら


環境省専門家会議への手紙


編集部より環境省「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」委員・事務局各位に差し上げた手紙についてお知らせします。

第3信:2014年7月13日付

2014年7月13日付(html)

第2信:2014年6月18日付

2014年6月18日付(html)

第1信:2014年1月22日付

2014年1月22日付(html)