科学

現代科学の営為を多角的にとらえる

『科学』ホームページへようこそ

小誌は、科学界と社会を結ぶ雑誌として1931年に石原純、寺田寅彦らによって創刊されて以来、科学の進展と、科学と社会の間で起こるさまざまな問題を見つめてまいりました。
今回の大災害は、本当に言葉を超えた事態に思います。将来の時点から現在の転回点を振り返るときに、本誌が時代の証言を記録しえているように、企画活動に取り組んで参りたいと存じます。

 

購読(ご注文)のご案内(バックナンバー常設店のご案内もあります)

バックナンバー

『科学』電子版(特別無料公開中)
・Keith Baverstock「2013 UNSCEAR Report on Fukushima: a critical appraisal」(『科学』電子版のページへ)

・伊東良徳著「再論 福島第一原発1号機の全交流電源喪失は津波によるものではない」(『科学』電子版のページへ)

記事特別公開
過去の記事で参考になると思われるものを特別に公開します。
・伊東良徳著「再論 福島第一原発1号機の全交流電源喪失は津波によるものではない」(『科学』電子版のページへ)

・大島堅一・河野太郎・吉井英勝の3氏による座談会「原発の安全なたたみ方:資金・賠償・人材」(『科学』2012年5月号)(pdfダウンロード)。

・青山道夫・大原利眞・小村和久著「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(『科学』1999年1月号)(pdfダウンロード)

・石橋克彦著「原発震災──破滅を避けるために」(『科学』1997年10月号)(pdfダウンロード)

編集部からのメッセージ公開
「「エネルギー基本計画に対する意見(案)」をめぐって」(2014年1月号)
「グローバー報告に対する日本政府反論への批判の声」(2013年9月号)
「「福島人権宣言を考えるシンポジウム」から」(2013年1月号)
「国連人権理事会特別報告者のプレス・ステートメントより」(2013年1月号)
「原子力規制の問題」(2012年6月号)
「特集にあたって」(2012年3月号(科学の〈限界〉:価値の選択と予測))
「原発再稼動の前に事故検証を」2011年8月号

13年4月22日の新潟県知事から原子力規制庁への要請時のやりとりについて、こちらのページに文字起こしを掲載しています。

次号予告/今後の特集予定

「大震災・原発を考える」書籍をこちらのページでご紹介しています。

『科学』電子メール通信のご案内

東日本大震災に関連したお知らせはこちらをご覧ください

小誌の原子力発電に関連する記事一覧:こちらをご覧ください

教育委員会教育委員長/教育長アンケートについて(2012年10月号特集企画)
◎アンケートにご協力下さった関係者の皆様に感謝します。結果はこちら(pdf)です。
 参考:アンケート依頼時に添付した資料(pdf)です。


「科学と広報」のページへ《最先端研究開発支援プログラムの広報記事》

議論の広場

広告についてのご案内

『科学』から生まれた本

リンク集

編集部ウラ後記

ご意見・お問い合わせは こちらへ。
>>>kagaku@iwanami.co.jp


バックナンバーのご注文は こちらへ。
>>>service@iwanami.co.jp

12月号

〈発売中〉 定価(本体1333円+税)

 

最新号目次へ
目次(本誌印刷版)のpdfはこちら

■ 記事特別公開
総選挙を迎える時局を鑑み、本誌で話題の連載「市民社会と行政法」から、集団的自衛権と閣議決定をあつかった、第28〜31回(2014年5月号、6月号、8月号、10月号)を期間限定で(2014年12月1日〜12月16日まで)特別無料公開いたしました。引き続き第28回の書き出しはこちらのページで続けますのでご覧下さい。

■ 記事特別公開
11月号掲載の論文「福島原発事故に関する「UNSCEAR2013年報告書」に対する批判的検証」の著者キース・ベーヴァーストック氏が、11月20日に、この論文の内容をふまえて、日本外国特派員協会で会見を行いました。本誌は社会貢献の一環として、この論文を特別に無料公開いたします。こちらの電子版ページをご覧下さい。ベーヴァーストック氏は、市民科学者国際会議(11月22〜24日、詳細はこちら(外部サイト))参加のため来日されました。

■ 最新号より
◎日本近代最悪の噴火死者をだした御嶽山噴火を特集します。噴火史を最近発見された知見もふまえて概観し、活火山と向かい合う考え方から富士山での対策までを取り上げます。
◎独立記事では、巨大カルデラ噴火のメカニズムと生起確率を解説。巨大カルデラ噴火の確率は、一般に考えられているよりも大きく、直ちに社会としての行動を考えていくべきとの論説です(巽好幸氏・鈴木桂子氏)。なお巽氏には火山のめぐみを食をつうじて味わう随筆集『和食はなぜ美味しい――日本列島の贈りもの』や、地球進化の謎解きにいどむ『なぜ地球だけに陸と海があるのか――地球進化の謎に迫る』の著書もあります。
◎「治水便益算定の問題点――八ッ場ダム事業を素材にして」(梶原健嗣氏)は、ダムの治水便益計算が驚くべきしかけで過大評価されていることを鋭く解説。原子力分野との対照を考えると、めまいをおぼえます。共通するのは、「プロジェクト不滅の法則」でしょうか。
◎津田敏秀氏は甲状腺がんの議論における「偽陽性」について整理します。効果をどの時点でみることにするのか、段階を整理しないと議論が混乱してしまいます。
◎原子力に精通する現場技術者である佐藤暁氏が、原子力規制委員会の事故分析検討会の「中間報告書」に対して、埋没されたままとなっている重要ポイントを指摘します。規制委員会は英訳もして公表しましたが、世界に恥をさらしていることになる部分があります。
◎国会事故調の有志があつまった「もっかい事故調」による「吉田調書」をめぐるシンポジウムの記録を掲載。再稼働を考えるなら、ここから始めなければならないのでは。
◎巻頭エッセイは藤井敏嗣氏の「御嶽山噴火を機にわが国の火山監視システムを見直すべき」です。


◎「川内原発審査書案/原発再稼働への市民からの意見書」のサイトを開設しました。こちらからどうぞ。


◎岩波書店・雑誌『科学』より環境省「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議」委員・事務局各位に差し上げた手紙(7月13日版)について、次のページにてお知らせします。


■前月号より
◎前月のトップページはこちらをご覧下さい。

●3.11後の本誌掲載論考をもとに編まれ、新規解題も豊富に盛り込まれた、尾内隆之,調麻佐志編『科学者に委ねてはいけないこと――科学から「生」をとりもどす』が刊行となりました。
 本誌論考をもとに執筆された影浦峡著『信頼の条件 原発事故をめぐることば』(岩波科学ライブラリー)もぜひどうぞ。
 本誌連載「3.11以後の科学リテラシー」の著者・牧野淳一郎氏の新刊『原発事故と科学的方法』ができました。
 本誌連載コラム「放射線測定の現場から」の著者・小豆川勝見氏の新刊『みんなの放射線測定入門』ができました。

●発売中の原発問題関連書籍

こちらのページで「大震災・原発を考える」書籍をご紹介しています。

『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』(アレクセイ・V.ヤブロコフ、ヴァシリー・B.ネステレンコ、 アレクセイ・V.ネステレンコ、 ナタリヤ・E.プレオブラジェンスカヤ著)がついに刊行されました!
 目次などの詳細はこちら
 ニューヨーク科学アカデミーで刊行されていた、Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environmentにその後の改訂を反映させ、日本語版ではさらなる磨きがかけられ、ついに刊行になりました。

◎黒田光太郎・井野博満・山口幸夫編『福島原発で何が起きたか──安全神話の崩壊』
※多数の論者が参加した国際シンポジウムの記録です。問題群を一望し整理に役立つと思います。

坂田昌一/樫本喜一編『坂田昌一 原子力をめぐる科学者の社会的責任』
※50年前の原子炉導入期に、安全性を保障する制度を導入しようとした科学者の苦闘の記録。いまこそ読み返されるべき言葉があります。

石橋克彦編『原発を終わらせる』(岩波新書・新赤版1315)
※14人の筆者が、いま原発を超えていくべき理由を語ります。

エステル・ゴンスターラ著『インフォグラフィクス 原発──放射性廃棄物と隠れた原子爆弾』
※原子力と廃棄物をめぐる世界各国の過去と現在を、事実とデータにもとづいて美しく印象的なグラフィックで表現!

今泉みね子『脱原発から、その先へ――ドイツの市民エネルギー革命』
※3.11をうけていち早く、脱原発へと舵をきったドイツの「気になるその後」を伝えます。

「科学」編集部編『原発と震災──この国に建てる場所はあるのか』
※耐震性と立地の議論について、近年の本誌論文を集めました。(品切れになりました2007年11月号「日本の原発はなぜ〈信頼〉されないのか」の論考その他を収めています。)

『科学』2010年2月号特集「プルトニウム科学の現在」もどうぞ(在庫あり)

●参考:
『科学』の原子力発電関連記事のリストをつくりました(特別公開記事あり)
(2011年3月16日からこのページに記載していた原子力発電所に関連するメッセージは、上記ページの末尾に移動しました。

雑誌『世界』2011年1月号特集「原子力復興という危険な夢」(特別公開記事あり)

 



 

 

Copyright 2011 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店