キーワードNOW


最近の話題を読み解くのに役立つ刊行物をまとめて掲載しています。

COP20[NEW]

12月1日〜12日、地球温暖化対策を話し合う「国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議」(COP20)がペルーの首都リマで開かれます。京都議定書に代わる新たな法的枠組みを2020年以降にスタートさせるために、2015年12月のCOP21で「意味ある合意」をまとめるという総括文書が9月の国連気候変動サミットで発表されました。日本は既に「2005年度比3.8%減」という削減目標を発表していますが、すべての国が参加する公平かつ実効性のあるものにするため、どのような議論が行われるのか注目されます。 >>一覧へ
(2014年11月28日)
line

世界エイズデー[NEW]

12月1日は「世界エイズデー」。世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHOが制定した記念日です。今年のテーマは「AIDS IS NOT OVER〜まだ終わっていない〜」。治療法の進歩に伴い、HIVに感染しても治療を続けながら従来通りの生活を送ることが可能になりましたが、懸念されるのが新規のHIV感染者、エイズ患者の増加傾向。社会としてHIV/エイズと共生していくために必要なことは何か、一緒に考えてみませんか。 >>一覧へ
(2014年11月28日)
line

カメラの日[NEW]

11月30日はカメラの日。1977年のこの日、小西六写真工業(現コニカミノルタ)が世界初のオートフォーカスカメラを発売した事を記念するものです。今や追尾機能、顔認識機能など、カメラの焦点技術は驚くべき進化を遂げました。むしろ、近年それを使う人間様の焦点の方が定まらないんじゃないかい? という皮肉の声が聞こえてきそうです。それはさておき、誰もが記録者、表現者になることのできるツールを活用しない手はありません。 >>一覧へ
(2014年11月28日)
line

一葉忌

1896年11月23日、樋口一葉はその人生を終えました。わずか24年という生涯でしたが、短い間にいくつもの秀作を発表しており、特に晩年の「奇跡の14ヶ月」と呼ばれる期間では、「大つごもり」「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」等の代表作を次々と発表しています。当時の文壇を絶賛させたそれらの作品は、今日に至るまで色褪せることなく愛読されています。 >>一覧へ
(2014年11月21日)
line

解散総選挙

内閣府発表のGDP速報値(7月〜9月)が予想外に悪かったことを受けて、安倍総理は消費税の一年半先送りを決断。「その信を国民に問う」として衆議院を21日に解散。12月14日に投開票が行われます。安倍総理は与党が過半数の議席を確保すれば「アベノミクスと安倍政権の方向性への信任が得られたこととになる」と、勝利に自信を覗かせます。さて、国民はどう評価するでしょうか。 >>一覧へ
(2014年11月21日)



Copyright 2014 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店