客というものは、親切を示してくれた主人のことは、いつまでも忘れずに思い出すものだからな。
一昨日 昨日 今日