書物は、それが書かれたときとおなじように思慮深く、また注意深く読まれなくてはならない。
一昨日 昨日 今日