権利のための闘争は、権利者の自分自身に対する義務である。
一昨日 昨日 今日