進化 生命のたどる道
書誌データへ
進化 生命のたどる道

進化学の全体像をこの1冊で!
生命現象の理解には「進化的に考える」ことが欠かせない.進化学は生物学の基礎なのだ.現代に生きる誰もが知っておきたい進化の考え方の基本をこの1冊でカバー.興味をそそるエピソードと300点余りの図版をまじえて,切れ味よく語る.

E.O.ウィルソンらが「最良の入門書」と賞賛
著者ジンマーは,専門家からも高く評価されるサイエンス・ライター.面白さと科学的な正確さを両立することに長け,いくつもの賞を受賞.彼の著書,記事,ブログには多くのファンがいる.

日本語版オリジナルの記事を
第一線の研究者が寄稿
最先端で今どんなことが話題になっているのか.各章に関連する研究をわかりやすく紹介するコラムを日本語版独自に追加.執筆=三中信宏・田近英一・田村浩一郎・小林一三・舘田英典・颯田葉子・河村正二・岡田典弘・鈴木仁・佐々木顕・辻和希・井ノ上逸朗・山極寿一(執筆順)

進化 生命のたどる道
・体裁=B5判変型・上製・430頁
・定価=5880円(本体5600円)
・対象=高校生以上,図書館
・図と写真あわせて300点以上,フルカラー


■ 編集部からのメッセージ

 本書の原題The Tangled Bankは「錯綜した土手」という意味で,ダーウィンの『種の起原』を締めくくる一節からきています.土手には,多様な姿かたちの生き物たちが,入り組んだ関係を互いに結びながら暮らしていますが,それらすべての生き物は,いくつかの法則によって生みだされたのです.その法則,すなわち進化のメカニズムを,抜群にわかりやすく解説するのが本書です.
 姿かたちだけでなく,生き物どうしの関係も,同じ種の雌雄や親子の関係も進化の産物です.病気さえも進化が深く関わっています.人間とはどういう存在なのかという究極の疑問にも,進化の観点から答えることができるでしょう.
 著者ジンマーは,専門家も信頼を寄せる人気サイエンスライター.日本語版では独自に,一線で活躍する研究者13人の寄稿するコラムも加え,またとない進化入門となっています.


■ 目次より



2 生物学――自然哲学からダーウィンへ
【コラム】進化思想のルーツは「暗黒の中世」を突き抜ける(三中信宏)

3 岩石が語ること
【コラム】全球凍結イベントが生物進化を促したか?(田近英一

4 系統樹
【コラム】分子系統樹とバイオインフォマティクス(田村浩一郎)

5 進化をもたらす分子
【コラム】遺伝子にハマって進化する(小林一三

6 変わっていく方法――突然変異,浮動,淘汰
【コラム】集団サイズや遺伝子流動が進化に与える影響を樹木に見る(舘田英典)

7 私たちの遺伝子に書かれた歴史
【コラム】種の系統関係と遺伝子の系統関係(颯田葉子

8 適応――遺伝子から形質へ
【コラム】霊長類型3色型色覚をめぐる「謎」(河村正二)

9 種の起原
【コラム】視覚の適応による種分化(岡田典弘)

10 適応放散と絶滅――時を経て変わる生物多様性
【コラム】ネズミ類の放散と日本列島(鈴木 仁)

11 緊密な種間関係――種はどのようにして互いに適応するのか
【コラム】ゾウムシの矛とツバキの盾の軍拡競争(佐々木顕

12 性と家族
【コラム】共同を保つ個体の免疫と社会の免疫(辻 和希

13 進化医学
【コラム】人類進化と高血圧(井ノ上逸朗)

14 心と微生物――行動の進化
【コラム】ヒトの脳の進化の舞台裏(山極寿一

読書案内(長谷川眞理子)


■ 著者紹介

カール・ジンマー(Carl Zimmer)
アメリカでもっとも活躍するサイエンスライターの一人.ニューヨークタイムズ紙,サイエンティフィックアメリカン誌,ディスカバー誌などに定期的に寄稿し,著書も『大腸菌』『「進化」大全』『水辺で起きた大進化』ほか多数.全米アカデミーズの2007年コミュニケーション賞をはじめ,いくつもの賞を受賞.
ウェブサイトCarlZimmer.comでは,ジンマー氏の経歴,著書や寄稿記事の情報,ブログなどが読める(英語).


■ 監修者紹介

長谷川眞理子(はせがわ まりこ)
総合研究大学院大学教授.専門は進化生物学,行動生態学.著書は『科学の目 科学のこころ』 『進化とはなんだろうか』など,訳書は『人間の進化と性淘汰』(ダーウィン著)『数覚とは何か?』(ドゥアンヌ著)など多数.


■ 参考文献リスト

日本語版で割愛した参考文献リスト(PDF)はこちらで閲覧・ダウンロードできます.原書の参考文献リストに邦訳の情報が追加されています.




■ おすすめ関連書

ダーウィン『種の起原 上・下(岩波文庫)
長谷川眞理子『進化とはなんだろうか』(岩波ジュニア新書)
マーカス『心を生みだす遺伝子』(岩波現代文庫)
石川統,斎藤成也,佐藤矩行,長谷川眞理子(編)「シリーズ進化学」(全7巻)






Copyright 2012 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店