エイズとの闘い 世界を変えた人々の声


著者からのメッセージ
著者プロフィール
目次


書誌データへ

編集部だより
著者からのメッセージ

 これまで日本の私たちに足りなかったのは,この時代の中で始まっている現実のゲームへの参加である.ブラジルの友人たちは感染者の命を救うためにブラジルの社会全体を変え,貧困対策を進めるために大統領まで変えてしまった.アフリカの友人たちは,一国の政治を変えるだけではなく,世界の仕組みまで変えた.ゲームに参加してきた彼らは,ゲームの楽しさを知っている.偉い人が時代の方向を変えるのではなく,自分たちが変えるものだということを知っている.そんな彼らが,今度は日本の君たちの番だ.参加すると力が湧いてくるぞ.と誘っている.
  海外から見ると,日本はけっこう大きな力を持っている.この国がどんな立場をとるかによって,世界の未来は異なったものになる.次は日本の私たちの番である
(「おわりに」より)



著者プロフィール

林 達雄(はやし・たつお)  
1954年生まれ.愛媛大医学部卒.国立横浜病院外科・勤務を経て,1983年より,NGOの職員として,アフリカ,アジアで海外協力活動に従事.日本国際ボランティアセンター前代表.ジョハネスバーグ持続的開発会議・日本政府代表団顧問.現在,(特活)アフリカ日本協議会代表.2000年よりアフリカ・エイズ問題に取り組む.共著『グローバル化と人間の安全保障』(日本経済評論社)など


目次

I 死を待つ子ども,生きのびる子ども
II エイズと闘う感染者たち――せめて尊厳ある死を
III 治療を阻むWTO/知的所有権
――ジェネリック薬と特許の壁
IV 勝利から生存へ
――南アフリカ・エイズ裁判とブラジルの「奇跡」

おわりに





Copyright 2005 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店