計算と社会〈岩波講座 計算科学6〉


著者からのメッセージ
著者紹介
目 次
»「岩波講座 計算科学」全巻の構成へ


書誌データへ

編集部だより
著者からのメッセージ

 計算科学は,基本的な物理法則に基づき,様々な自然現象を再現,理解することを可能にし,さらには現象の予測までも可能にしつつある.そして,人間が織りなす様々な社会現象についても,その再現,理解,予測を目指して研究が進められている.しかし,そこには根本的問題が立ちはだかる.社会を構成する人間は,個々に感情や意志といったものをもっており,その総体としての社会現象に物理法則のような基本法則が存在し得るのか,という基本的問題である.
 本巻では,金融市場,伝染病流行,交通流といった現象に関して,計算機シミュレーションを援用しながら,この問題に答えるべく,基本法則(基本モデルと言ったほうが適切かもしれない)を見つけ出そうとする研究を紹介する.
――本書・第1章より


著者紹介

杉原正顯(すぎはら まさあき)
東京大学大学院情報理工学系研究科教授

高安美佐子(たかやす みさこ)
東京工業大学大学院総合理工学研究科准教授

和泉 潔(いずみ きよし)
東京大学大学院工学系研究科准教授

佐々木顕(ささき あきら)
総合研究大学院大学先導科学研究科教授

杉山雄規(すぎやま ゆうき)
名古屋大学大学院情報科学研究科教授


目 次

第1章 はじめに――人間が関わる集団現象の数理
1 現象のモデル化
2 各章の概略
第2章 金融市場――経済物理学の観点から
1 金融市場とは
2 外国為替市場
3 金融市場のモデル化
4 モデルの応用と今後の展望
第3章 金融市場――人工市場の観点から
1 人工市場とは
2 人工市場研究の発展
3 人工市場のリアル化の流れ
4 まとめ
第4章 伝染病と流行
1 伝染病とは
2 伝染病流行のモデル
3 流行の周期性
4 空間構造とネットワーク
5 宿主体内での感染動態
6 進化と防除――ポリオ根絶計画と強毒復帰株を例に
7 おわりに
第5章 交通流
1 交通流とは
2 渋滞形成の数理――非対称散逸系の相転移現象
3 交通流の実測現象との照合
4 交通流を超えて――自己駆動粒子集団と流動形態の形成

参考文献
索 引




Copyright 2012 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店