エドさんのピンホール写真教室 スローライフな写真術

著者からのメッセージ/著者略歴/目次


書誌データへ

「岩の狭間を(Through the Rocks)」(レビンソン)


著者からのメッセージ

 僕は1998年以来,自宅スタジオを中心に日本各地でピンホール写真ワークショップを行い,ピンホール写真術を指導してきた.ワークショップではいつも受講生たちから,新しいことを試みるよう刺激された.だから彼らには心から感謝している.
 あなたが,本書の中の,僕やワークショップの生徒の一枚一枚の写真と共に時を過ごし,それがあなたにどう影響するかを感じてほしい.ある写真は他の写真よりもあなたと響き合うかもしれない.誰もが必ずしも同じような見方をするわけではないから,あなた自身が感じ解釈することを大切にしてほしい.僕のいくつもの思いと結ばれた写真たちが,ピンホール写真が創出する,いつもとは違う世界に気付くきっかけになってくれることを,僕は願っている.
(本文より)


「夢か現実か(Dream or Reality)」(ネプチューン海)


著者略歴

エドワード・レビンソン
1953年12月,アメリカ・バージニア州生まれ.写真家.バージニア州立コモンウェルス大学で写真を勉強する.1979年より日本に居住.展覧会活動の他,写真ワークショップ講師,新聞,雑誌に写真と記事を寄稿.PINHOLE RESOURCE協会会員.日本針穴写真協会国際部長.日本写真協会会員.写真集に『タイムスケープス・ジャパン──針穴で撮る日本の原風景』(日本カメラ社),共著(写真)に『はじめての自然菜園』(岩波書店)『二人で建てた家──「田園に暮す」それから』『田園に暮す』(文春文庫plus)『出会いたい野の花たち』(文化出版局)『ベジタリアンのいきいきクッキング』(NHK出版)等多数.写真作品所蔵:Graham Nash/Nash Editions,Pinhole Resource,Chesa-peake Capital Corporation,国立クラクフ美術館日本芸術・技術センター(ポーランド),ハンガリー写真美術館,ギャラリー繭,ごらくギャラリー等.
http://www.edophoto.com/


「神の男たち(Men of the Gods)」(レビンソン)


目次

はじめに ピンホーリスティックの世界へようこそ
レッスン1 スローライフとしての写真術
レッスン2 シンプル イズ ベスト
レッスン3 自然の美は招く PDF
レッスン4 人生の味わい
レッスン5 街の中の光
レッスン6 心の中のコスモス
レッスン7 自分自身を見つめること
レッスン8 旅は続いていく
あとがき
付 録 簡単なピンホールカメラを作る
本書で使用されたピンホールカメラの種類


「水晶球(Looking Glass)」(レビンソン)



Copyright 2007 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店