岩波 数学入門辞典
刊行にあたって
編集にあたって
ここが特徴です
「岩波 数学入門辞典」に期待する
pdf 立ち読み
見本ページをpdfファイルで読むことができます.


書誌データへ

編集部だより
数学がもっと面白くなる,読むだけでも楽しい入門辞典の決定版


岩波 数学入門辞典

■編 著

青本和彦
(名古屋大学名誉教授)
上野健爾
(京都大学大学院理学研究科教授)
加藤和也
(京都大学大学院理学研究科教授)
神保道夫
(東京大学大学院数理科学研究科教授)
砂田利一
(明治大学理工学部数学科教授)
高橋陽一郎
(京都大学数理解析研究所教授)
深谷賢治
(京都大学大学院理学研究科教授)
俣野 博
(東京大学大学院数理科学研究科教授)
室田一雄
(東京大学大学院情報理工学研究科教授)

菊判・上製函入
2段横組・600頁

定価6720円
(本体6400円)
4-00-080209-7


刊行にあたって
 数学は,科学技術の基盤を支えるさまざまな科学の理論,そして問題解決の手法を与えるとともに,論理的な思考や数量的な考え方を養成するためにもっとも重要な分野です.数学のエンサイクロペディアとして定評のある日本数学会編『岩波数学辞典』の刊行以来,数学の専門家というより,むしろ学習者や数学ユーザー向けの数学辞典も同時に刊行してほしいという要望が数多く寄せられました.幸い多くの読者に迎えられた岩波講座「現代数学への入門」の編者を中心にした10年に及ぶ議論と推敲を経て,これ以上は望めない入門辞典を刊行することができました.本辞典が,読者の期待に応え,広い意味での数学文化の発展に少しでも寄与することができるならば望外の喜びです.
2005年7月 岩波書店


編集にあたって
 本辞典は,高校から大学で学ぶ数学用語を中心に解説したものである.数学を学ぶために必要な概念の解説のみならず,数学の歴史や社会的な背景にも配慮して解説をつけた.項目を拾い読みしても楽しめるように工夫したつもりである.
 項目の説明は,できる限り直観的な説明からはじめて,用語の持つ意味や,その用語が必要とされる目的がわかるようにした.とくに,小学校から高等学校で扱われる数学に関しては,その歴史的背景に触れ,あわせて現代数学における位置づけも理解できるように配慮してある.小項目中心の辞典ではあるが,数学としての基本的な概念に関しては,詳しい解説を付けて大きな流れをつかむことができ,やや高度な概念についてはそのイメージが捉えられるように説明を加えて,さらに進んだ学習への手助けとなるようにした.
 本辞典が数学に興味を持つ多くの方々の座右の書となることを編者一同希望している.

2005年7月 編者を代表して 上野健爾


この辞典を利用していただきたい方

 高校以上のレベルの数学を学習している大学生および社会人
 物理から経済まで,数学を使って研究をしている人
 中学や高校,または学習塾などで,数学の先生をしている人
 新聞や出版など,マスコミ関係で,数学関連のことに携わっている人


pdf 立ち読み



Copyright 2005 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店