爆撃


編集者からのメッセージ
著者プロフィール
目次


書誌データへ

編集部だより
民衆の歴史家ジンのラストメッセージ ヒロシマ・ナガサキ65年の夏に,日米同時刊行

編集者からのメッセージ

 広島,長崎への原爆投下から65年目のこの夏,ハワード・ジン著『爆撃』をお送りします.
  『民衆のアメリカ史』などで知られる著名な歴史家であり,不屈の反戦運動家としても知られるハワード・ジンは,今年1月に逝去しました.
 そのとき,ジンはすでに2010年夏に刊行する書籍の準備を終えていました.この『爆撃』がその書籍です.
 第二次大戦時,爆撃手としてヨーロッパ戦線に参加したジンは,一時休暇の折に聞いた「ヒロシマに新型爆弾投下」の報に喜びます.これで日本が降伏すれば,休暇が終わった後,太平洋戦線へと狩り出されることがなくなるからです.しかし,その後,60年代に広島を訪れたジンは,自らの過ちに気付くことになります.そしてその気付きは,自らがヨーロッパ戦線で投下した爆弾――フランス・ロワイヤンにおける爆撃――の下に確かにいた市民たちの姿を明らかにしていきます.その後,ジンは,二度と国家の欺瞞にだまされない,と,不屈の反戦家としての姿勢をゆるがすことはありませんでした.

 「戦争をはじめるのは国家だが,戦争を終えるのはいつだって市民だ」が信条だったハワード・ジン.この夏,ハワード・ジンの最期のメッセージに,ぜひ,触れてみてください.


著者プロフィール

ハワード・ジン(Howard Zinn)
1922年生まれ.政治学・歴史学.第二次世界大戦でヨーロッパ戦線に従軍.戦後,ニューヨーク大学で学士号,コロンビア大学で修士・博士号を取得.2010年1月に急逝.邦訳に『民衆のアメリカ史』(上下,明石書店),『甦れ独立宣言――アメリカ理想主義の検証』(人文書院),『テロリズムと戦争』(大月書店)などがある.

岸本和世
1933年生まれ.同志社大学神学部卒業.日本基督教団事務局幹事を経て札幌北光教会牧師などを長年務める.訳書に『教会と同性愛』(新教新書),『動物と共に生きる』(日本キリスト教団出版局)など.TUPメンバーの一人.

荒井雅子
1960年生まれ.上智大学フランス語学科卒業.翻訳業.訳書に『陰謀国家アメリカの石油戦争』(ビジネス社),『チョコレートの真実』(英治出版)など.共訳書に『冬の兵士――イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実』(岩波書店).TUPメンバーの一人.

協力:TUP http://www.tup-bulletin.org/modules/main/


目次

刊行に寄せて――大小の反逆行為   グレッグ・ルジェロ
ヒロシマ――沈黙をやぶる
ロワイヤン爆撃
  注
  訳者あとがき
  引用文献・出典




Copyright 2010 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店