壁を壊す!! サッカー・ワールドカップ北朝鮮代表として


著者からのメッセージ
著者プロフィール
目次


書誌データへ

編集部だより
著者からのメッセージ

 僕はこう見えてことわざが大好きです.「一難去ってまた一難」という言葉がありますが,まさに僕の毎日はそんな感じで,試練こそが充実,充実こそが試練です.登山も上りばかりではつまらない.下りだけでもつまらない.上りと下りがあってこそ,自然と喜怒哀楽が起こるし,登山が終わった後に初めて充実感がわいてきます.壁をぶっ壊している最中はくじけそうになったり,違う道に進んでみたくなったりもします.でも高くて分厚い壁をぶっ壊して,壁の向こうのすばらしい景色を見たときの達成感や爽快感はたまりません.だから僕はこれからも壁をどんどん壊していきたいと思います.そして,壁を壊しているときは必死すぎて周りが見えないこともあるけれど,壊し終わった後はゆっくり周りを見てみたいと思います.また一回り大きくなった自分とともに,気づかなかったたくさんの支えや応援に「ありがとう」がわいてくるはずです.この本を読んでくださった方々が少しでもこんな気持ちを共有してくだされば幸いに思います.ありがとうございました.
(本書「あとがき」より)


著者プロフィール

鄭 大 世 鄭大世
1984年3月2日,愛知県名古屋市生まれ.初級学校から大学校まで民族学校に通う.2006年に朝鮮大学校を卒業したのち川崎フロンターレに入団,ストライカーとして活躍する.2007年からは朝鮮民主主義人民共和国代表に選出され,2010年南アフリカワールドカップにも出場した.現在,ドイツ2部リーグのVflボーフムに所属.関連書籍に森雅史『大世――チョンテセBIG WORLD』(小学館クリエイティブ,2010年)がある.
 チョン・テセ official blog BIG WORLD
 http://ameblo.jp/jongtaese9/


目次

グラウンドは三角形/根っからの負けず嫌い/選択に迷った大学/プロへの入口――J1かJ2か/背中を押してもらう/川崎フロンターレ――結果への焦り/はじめてプレーで文句を言われる/初ゴール,そして,めぐってきたチャンス

 コラム 「なんとも自主運営といった感じの学校」

一度はあきらめざるを得なかった朝鮮代表――国籍という壁/朝鮮代表招集/なぜ朝鮮代表を選んだか/難しい「朝鮮代表」と「Jリーグ」の両立/「代表」での苦悩/言葉の壁/くだらないプライド/すごく純粋な朝鮮の選手たち

 コラム パスポートにまつわる話

夢のまた夢の,また夢のまた夢/ブラジル戦の涙/ワールドクラスの選手たちとたたかって/在日朝鮮人にとっての今回のワールドカップ/ドイツへ――ボーフムへの移籍/さらなる夢――プレミアリーグへ/日本の若者に

質疑応答
鄭大世にとって韓国とは?/在日が少なくなっていくなかで,どう生きる?/ワールドカップのグラウンドに立って感じたことは?/ヨーロッパで誰とプレーしてみたい?/ドイツで外国人選手としてやっていくことへの不安はある?/南北統一チームができたら,誰とプレーしてみたい?

あとがき



Copyright 2010 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店