市民科学者として生きる




書誌データへ

編集部だより
■著者紹介
高木仁三郎(たかぎ・じんざぶろう、1938年‐2000年)1961年東京大学理学部卒業。日本原子力事業、東京大学原子核研究所、東京都立大学などを経て、1975年に原子力資料情報室の設立に参加し、87年から98年まで代表を務める。1997年ライト・ライブリフッド賞受賞。
著書−『プルトニウムの恐怖』 『プルトニウムの未来』 『原発事故はなぜくりかえすのか』(以上、岩波新書)、新版 単位の小事典』 新版 元素の小事典』(以上、岩波ジュニア新書)、『いま自然をどうみるか』(白水社)、『宮澤賢治をめぐる冒険』(社会思想社)、『市民の科学をめざして』(朝日選書)など。


■目次

序章 激変のなかで

第1章 敗戦と空っ風

第2章 科学を志す

第3章 原子炉の傍で

第4章 海に,そして山に

第5章 三里塚と宮澤賢治

第6章 原子力資料情報室

第7章 専門家と市民のはざまで

第8章 わが人生にとっての反原発

終章 希望をつなぐ

あとがき


■岩波新書にはこんな本もあります
原発事故はなぜくりかえすのか 高木仁三郎著 新赤版703
地球持続の技術 小宮山宏著 新赤版647
地球環境問題とは何か 米本昌平著 新赤版331
地球環境報告II 石弘之著 新赤版592
科学の目 科学のこころ 長谷川眞理子著 新赤版623




Copyright 2011 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店