世界
2004年
月号<目次>

バックナンバー
年間購読のお申込み
送付先ご住所の変更手続き
リンク集

世界トップページ

 
特 集 公正・公平な年金とは?――政府・与党の年金改革案を批判する
真の改革とは
政府は生活保障責任を明確にせよ
  神野直彦(東京大学)【執筆者からのメッセージ】

年金の理念
<対談>「世代間扶養」はありうるか?
  金子 勝(慶應大学)、川本隆史(東北大学)

対 論
「税」と「保険料」、いったい何が違うのか
  三木義一(立命館大学)、山本忠(立命館大学)

構造改革「信仰」
Jポップから「J改革」へ――小泉社会保障改革の「イデオロギー」とは?
  渋谷 望(千葉大学)

インタビュー
第三号被保険者問題の改革は急務――ジェンダーフリーの年金めざして
  袖井孝子(お茶の水女子大学)

議論の前提として
経済格差は拡大し続けている
  橘木俊詔(京都大学)

世界の潮
「イラク」で進む情報統制  見岩文良
 緊張が高まるパキスタン情勢  広瀬崇子
イラク派兵が問うもの
抵抗はなぜ壮大なる反動につりあわないのか――閾下のファシズムを撃て
  辺見 庸(作家)

「あれかこれか」ではなく第三の道を
  高村 薫(作家)

告発
小泉首相をなぜ提訴するのか――箕輪登・元郵政相の決断
  鷲頭幹夫(オホーツク新聞嘱託)
閉塞の時代
「話せばわかる」・言論不自由
  犬養道子(作家)
国民保護法制
国民「保護」という幻想――対テロ戦争と「市民」の安全
  岡本篤尚(神戸学院大学)
ブッシュ政権と世界
<対談>アメリカはどこへ向かうのか
  チャールズ・カプチャン(ジョージタウン大学)、藤原帰一(東京大学)
今月のブッシュイズム
火星に立つブッシュ
  金子 勝(慶應義塾大学)、A・デウィット(立教大学)
世界社会フォーラム報告
世界は地の底から揺れている――シアトルからムンバイまで
  北沢洋子(国際問題評論家)
新 連 載
<短期連載>陳真――戦争と平和の旅路
  野田正彰(京都女子大学)
イスラエルからの報告
岐路に立つイスラエル
  メーロン・ラパポート(ジャーナリスト)、訳・大河内秀人
インタビュー
抵抗する演劇、または「表現によるインティファーダ」――ジョージ・イブラヒムの挑戦
  聞き手・文=井上二郎(著述業/演劇ライター)
サウジの「9・11」
揺れ動く石油大国――サウジアラビアの改革と対テロ戦争
  保坂修司(早稲田大学)
講演記録
アレクシエービッチ 未来のための闘い――権力の嫌う証言記録を糧として
  澤地久枝(ノンフィクション作家)
対 談
木村伊兵衛と土門拳 写真家として人間として
  田沼武能(写真家)、藤森 武(写真家)
比較若者論
平和運動の中で自らを育むイタリアの若者達
  三輪 隆(埼玉大学)
朝鮮学校
在日朝鮮学校のあゆみと未来への提案(上)
  金徳龍(大阪経済法科大学客員研究員)
歴史認識
ソウル・西大門刑務所歴史館の日本語ガイドを務めて
  引地達也(共同通信)
連 載
荒野渺茫 (2)
   内橋克人(評論家)
自由を耐え忍ぶ――グローバル化時代の人間性 (3)
   テッサ・モーリス=スズキ(オーストラリア国立大学)
同時代史考――政治思想からの問い (3)
  政治社会と憲法ーー冷戦後の状況 (2) 加藤 節(成蹊大学)
往復書簡talking at the Edge 境界で語る (5)
   上野千鶴子(東京大学)、趙韓惠浄(延世大学)
脳力のレッスン (23)
  為替の魔術 寺島実郎
現在学・入門 (63)
  巨大化した「保守支持」の果てに 石川真澄
●「ル・モンド・ディプロマティック」より
  若い母たちの国への旅
   アンヌ・ダゲール、コリーヌ・ナティヴェル  訳・橋本一径
●世界論壇月評 朱 建 栄/竹田いさみ/吉田文彦
ドキュメント 激動の南北朝鮮 (80) 動き出すか、六者協議 編集部
アムネスティ通信
  難民申請者に対する日本の不合理な処遇ーービルマ人キンマウンラさんの事件
遊歩のシセイ (15) 有間しのぶ
ひと2004 過去に直結して理解する以外に、過去を克服する道はないのです。
  ヴェラ・ベントさん
グラビア
一歩の距離――渋谷センター街  渡辺洋樹

グラビアについて(公募規定)
読者談話室

表紙写真=橋口譲二 「17歳」
デザイン=鈴木一誌・仁川範子
Webサイト制作=田原浩一

編集後記
全文掲載
岡本 厚 (本誌編集長)

ご意見・お問い合わせは こちらへ。>>>sekai@iwanami.co.jp


Copyright 2001 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店