世界
10 2006年
月号<目次>

バックナンバー
年間購読のお申込み
送付先ご住所の変更手続き
リンク集

世界トップページ

 

 

特 集 漂流する「世界都市」東京――石原都政8年を検証する
座談会
石原都政は何を目指してきたか
  青山やすし (元副知事、明治大学)、進藤 兵 (名古屋大学)
  塚田博康 (ジャーナリスト)

政策の検証
三位一体改革と都財政  金子 勝 (慶應義塾大学)
公共事業と都市計画  小川明雄 (ジャーナリスト)
新銀行東京  山口義行 (立教大学)
教育政策  佐藤 学 (東京大学)
治安政策  清水雅彦 (明治大学)
福祉・医療政策  結城康博 (社会福祉士)
文化政策――石原都政のオーケストラ「改革」
  宮沢昭男 (音楽評論家)/広上淳一 (指揮者)

高支持の構造
石原都政を誰が支持しているか――支持層の分析
  武居秀樹 (都留文科大学)

世界の潮
銃撃の海――日本漁船はなぜ撃たれたか  本間浩昭
田中県政6年の終焉  小原隆治
行政の下請けになったプリオン調査会  岡田幹治
浅野史郎の疾走対談 (4)
プライマリー・ヘルス・ケア――地域医療の現場から日本の医療を問う
  ゲスト=色平哲郎 (医師)
短期集中連載
テレビ国家 [4] 内面化されるネオリベラリズム
  石田英敬 (東京大学)
靖国問題
<インタビュー> まず憲法原則から考えよう
  高橋哲哉 (東京大学)

<インタビュー> いまこそ戦争責任を考えるとき――日本自身の尊厳のために
  東郷和彦 (元外務省欧亜局長)

皇室記者の見た富田元長官と「富田メモ」
  神田秀一 (皇室ジャーナリスト)

自民党総裁選
安倍晋三氏の歴史認識を問う
  和田春樹 (東京大学名誉教授)

総裁選から見える自民党の末期現象
  山口二郎 (北海道大学)

日中関係
中国への戦略的援助を提言する
  田村秀男 (日本経済新聞)
中東戦争と国際社会
沈黙の国際安全保障――レバノン危機は国際危機である
  最上敏樹 (国際基督教大学)

第6次中東戦争はなぜ起こったか――再確認された紛争の元凶
  青山弘之 (アジア経済研究所)

レバノン戦争からイラン攻撃へ――イスラエルの陰に隠れたアメリカの野望
  シーモア・M・ハーシュ (ジャーナリスト)、訳=安濃一樹 (翻訳家=TUP)

ル  ポ
ややこしい子とともに生きる (上)
  河原ノリエ (ジャーナリスト)
歴史認識
東アジアの歴史認識共有への第一歩――『未来をひらく歴史』の執筆過程と韓国国内の反応
  金聖甫 (延世大学)
映画批評
映画 Dear Pyongyang を見て
  金石範 (作家)
核不拡散体制の危機
誤った目的、手段、必要――米国とインドの「核取引」の影で
 ジヤー・ミヤーン (プリンストン大学)
 M.V.ラマナ (バンガロール環境・開発学際研究センター)、訳=田窪雅文 (「核情報」主宰)
台  湾
「不正疑惑」激震に軋む台湾・陳政権――独立の理想を道連れに
  本田善彦 (ジャーナリスト)
連  載
水彩紅楼夢 (4)
  連帯の輪、地球規模に広がる   小林恭二 (作家)
日系ブラジル人女性ノブエ・ダラス、戦いと流転の日々 (8)
  父祖の国ハポンのお百姓さん   村上義雄 (ジャーナリスト)
人が豊かになる地域づくり (7)
  富山県富山市、高岡市   大江正章 (ジャーナリスト・編集者)
コーヒー一杯30円の時代――岩波写真文庫再発見 (22)
  団塊世代が1年生だったころ   赤瀬川原平
脳力のレッスン (54)
  健全な産業構造・産業観の再生を 寺島実郎
荒野渺茫 (第II部・11) 「裏山からの生還」 内橋克人 (評論家)
中高生のための憲法教室 (31) 憲法から考える自民党総裁選挙 伊藤 真
●「ル・モンド・ディプロマティック」より
  民族的集団自殺? 女性が不足するアジア
   イザベル・アタネ訳=橋本一径
●世界論壇月評 朱 建 栄/竹田いさみ/吉田文彦/石郷岡建
ドキュメント 激動の南北朝鮮 (111) 編集部
ネット言論はいま――ブログ時評on SEKAI (19) 団藤保晴
人生楽笑 (22) 原画掲載 なかだえり
アムネスティ通信
グラビア
生き物の力  松田雄一郎

グラビアについて (公募規定)
アムネスティ通信
読者談話室

表紙写真=橋口譲二 「17歳」
デザイン=鈴木一誌・仁川範子・塩田浩章
Webサイト制作=田原浩一

編集後記
全文掲載
岡本 厚 (本誌編集長)

ご意見・お問い合わせは こちらへ。>>>sekai@iwanami.co.jp


Copyright 2001 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店