世界
2011年
月号<目次>

バックナンバー
バックナンバーのご注文
年間購読のお申込み
送付先ご住所の変更手続き
リンク集

世界トップページ

 

 

東日本大震災・原発災害 特集 人間の復興を! 暮らしの復興を!
3.11から未来へ
「黒い海」の記憶
  山形孝夫 (元宮城学院女子大学学長)

誰のため、何のための復興か
東日本大震災と復興のかたち──成長・開発型復興から人間と絆の復興へ
  宮入興一 (愛知大学)【執筆者からのメッセージ】

答えは現場にある
「高台移転」は誤りだ──本当に現場の視点に立った復興構想を
  室崎益輝 (関西学院大学)

被災者の現在に寄り添う
危機は機会なのか?──東北復興まちづくりに向けて
  平山洋介 (神戸大学)

生態系の恵みを見直す
生物多様性を生かした持続的地域再生を
  中静 透 (東北大学)

対  談
日本のありようがまるごと問われている
  高史明 (作家)、高橋哲哉 (東京大学)

現地発! 復興論
まず復旧、そして復興へ
  庄司慈明 (宮城県・石巻市)

「はるかのひまわり」運動が生んだもの──気仙沼、南三陸
  三浦博光 (宮城県・気仙沼市)

立ち上がる被災者たち──「大槌復興まちづくり住民会議」の挑戦
  赤崎友洋 (岩手県・大槌町)

雇用と産業の創出を──気仙沼から考える復興
  守谷守武 (宮城県・気仙沼市)

南相馬 地域医療をどう確保するべきか
  遠藤清次 (福島県・南相馬市)

地元「小高」に診療所を
  鶴島綾子 (福島県・南相馬市)

何を見、何を感じたか
震災を生きる子どもたち──チャイルドラインへの電話か
  太田久美 (チャイルドライン支援センター事務局長)

「安い」は本当か
経済学からみた原子力発電──何が推進させたか、代案は何か
  伊東光晴 (京都大学名誉教授)

原因と責任
想定外の安全と賠償──福島原発事故調査の課題
  赤木昭夫 (元慶應義塾大学教授)

ル  ポ
「放射線汚染地図」から始まる未来──ポスト・フクシマ取材記
  七澤 潔 (NHK放送文化研究所)

政府・東電の責任とは
福島原発事故の被害補償を問う──〈加害者救済〉は許されない
  除本理史 (大阪市立大学)

ル  ポ
「安全キャンペーン」に抗する福島の親たち
  白石 草 (Our Planet-TV)

歴史の真相
「原子力平和利用」と広島──宣伝工作のターゲットにされた被爆者たち
  田中利幸 (広島平和研究所)

「フクシマ」の波紋
脱原発へ不可逆の転換に歩みだしたドイツ
  梶村太一郎 (ジャーナリスト)

一丸になれないイタリア人が一丸になる強さ──国民投票原発拒絶の空気を読む
  藤原章生 (ジャーナリスト)

最先端、ドン・キホーテの国の再生可能エネルギー利用
  工藤律子 (ジャーナリスト)

揺れる「原発大国」韓国
  佐藤大介 (共同通信ソウル特派員)

対  談
東京電力という社会問題
  蓮池 透 (元東電原子燃料サイクル部部長)
  恩田勝亘 (ジャーナリスト)

世界の潮
「日の丸・君が代」最高裁判決で問われる学校観
  勝野正章
ハーグ条約加盟へ 当事者の期待と不安
  小坂佳子
急増する海賊行為 日本はどう対応するか
  鶴田 順
政治を再生するために
新しいゲームのルールが求められている──日本の政党政治を動かすために何が必要か
  高安建将 (成蹊大学)
特質と本質
菅政権 異常事態はなぜ生じたか──暴走する首相、なすすべない民主党首脳部、傍観する野党
  柿﨑明二 (共同通信)
連  載
過去からの行進 第28回  金石範
●イラストルポ 飼い喰い 第18回
  畜産はそもそも、どれくらい儲かるの?
   内澤旬子 (イラストルポライター)
連載ルポエッセイ 感じて歩く (7)
  災害と移動支援   三宮麻由子 (エッセイスト)
沖縄(シマ)という窓
  「6月の空」宮森小学校ジェット機墜落事件から52年
   山城紀子 (フリーライター)
小説家の四季 2011 春  佐藤正午(作家)
メディア批評 第44回  神保太郎 (ジャーナリスト)
脳力のレッスン (112)
  緊急編 いま原子力をどう位置づけるのか
  ──より国家が責任を持つ体制を求めて  寺島実郎
おきなわ散歩 第31回 見える  比嘉 慂 (漫画家)
世界論壇月評 朱 建 栄/竹田いさみ/吉田文彦/石郷岡建
●「ル・モンド・ディプロマティック」より
 アルジャジーラ 政治の舞台の代替物
   ハメッド・エル-オイフィ 訳=坪井善明
ドキュメント 激動の南北朝鮮 第168回 (11.5〜11.6) 編集部
グラビア
ヒロシマ・ナウ II──公募作品99  湯本 伸

グラビアについて (公募規定)
アムネスティ通信
読者談話室
A SHOT OF THE WORLD  金瀬胖 (写真家)
表紙の言葉  鈴木邦弘 (写真家)

表紙写真=鈴木邦弘
デザイン=赤崎正一
     (協力=小笠原幸介)
Webサイト制作=田原浩一

編集後記
全文掲載
岡本 厚 (本誌編集長)

ご意見・お問い合わせは こちらへ。>>>sekai@iwanami.co.jp


Copyright 2001-2008 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店