世界
2012年
月号<目次>

バックナンバー
バックナンバーのご注文
年間購読のお申込み
送付先ご住所の変更手続き
リンク集

世界トップページ

 

 

特集 悲しもう… 東日本大震災・原発災害 1年
生きること 悲しむこと つながること そして…
悲しみを抱えて生きる
  片岡 龍 (東北大学)

生まれ変わろうとする「福島人」
  中手聖一
  (元「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」事務局長)

「一年間」と「水の変容」
  坂手洋二 (劇作家)

《東北》が、はじまりの場所になればいい
  山内明美 (一橋大学)【執筆者からのメッセージ】

日本よ、変われ
  久邇晃子 (精神科医)

福島から問う「教育と命」
  中村 晋 (福島・高校教員)

復興の岐路
どんな復興であってはいけないか──惨事便乗型の復興から「人間の復興」へ
  岡田知弘 (京都大学)

原発なきフクシマへ──なぜ復興ビジョンに脱原発を掲げるのか
  山川充夫 (福島大学)

子どもと放射能
ルポ なぜ避難が認められないのか──福島市渡利地区・住民たちの苦悩
  白石 草 (Our Planet TV)

福島×首都圏 クロスする母の哀しみ
  渥美京子 (フリーライター)

市民の取り組み
ルポ 放射線防護に市民と科学者が立ち上がった
  守田敏也 (フリーライター)

復興からとり残される「在宅被災者」──石巻市の被災者支援を通じての提言
  布施龍一 (「フェアトレード東北」理事長)
  高成田亨 (仙台大学)

地方自治と政治
災害の現場で何が見えたか──ボランティアと政府の役割
  辻元清美 (衆議院議員)

「お任せ民主主義」を克服できるか──いま地域主権が試されるとき
  浅野史郎 (慶應義塾大学)

インタビュー
エネルギーシステムの改革は、今すぐに可能だ
  トーマス・コーベリエル (自然エネルギー財団理事長)

原発事故後のエネルギー政策
原子力村に横行する利益相反
  筒井哲郎 (プラント技術者)

世界の潮
新たな原子力規制は機能するか          井田徹治
国家公務員の給与削減──異常な日本の賃金減少  森岡孝二
マイナンバー法案
──プライバシーを脅かす「IT箱モノ」は必要か   桐山桂一
武道必修化 柔道事故から考える          内田 良
普天間移設問題
限りなく実効性の低い米軍再編見直し合意
  我部政明 (琉球大学)
ル  ポ
与那国島に自衛隊は必要か (下)
  渡瀬夏彦 (ノンフィクション作家)
子どもたちの未来は
大阪府教育基本条例の悪夢
  中嶋哲彦 (名古屋大学)
COP17と京都議定書
日本の温暖化外交が死んだ日
  明日香壽川 (東北大学)
新しい社会へ
市民の手で法律を作る──日弁連と衆院法制局の試み
  秋山訓子 (朝日新聞)
インタビュー
宗教者として、日朝の平和を導くために
  池口惠観 (鹿児島・最福寺法主)
平壌からのレポート
なぜ「いかなる変化も望むな」なのか
  金志永 (朝鮮新報平壌市局長)
対  談
「肉を食う」こと──残虐さと背中合わせの豊かさ
  内澤旬子 (イラストルポライター)、角田光代 (作家)
20年目の既視感
「ああ、奴隷となりはてたイタリア」
  村上信一郎 (神戸市外国語大学)
歴史からの問い
いま医の倫理を問う意味──「ナチ時代の精神医学──回想と責任」をめぐって
  小俣和一郎 (精神科医・精神医学史家)
米軍撤退に向けて
ルポ 戦乱はアフガンに何をもたらしたか
  牧 良太 (フリージャーナリスト)
連  載
桑物語 海と生きる100年の知恵
 第4回 「もまれ牡蠣」へのまなざし
   瀬戸山玄(ドキュメンタリスト)
震災・記憶を記録する
 第5回 東京もまた被災地  森まゆみ(作家)
小説家の四季 2012 冬  佐藤正午(作家)
●脳力のレッスン 120
 日本の大航海時代 鎖国とは中国からの自立でもあった
 ──17世紀オランダからの視界 (その8)  寺島実郎
未完の戦時下抵抗 第3回──屈せざる人、細川嘉六 (下)──囚われて後  田中伸尚(ノンフィクションライター)
教育のチカラ 第12回  新しい自分のために (上)
   瀬川正仁 (ノンフィクションライター)
沖縄(シマ)という窓  米軍「思いやり予算」を被災地へ
   山城紀子 (フリーライター)
メディア批評 第52回  神保太郎 (ジャーナリスト)
おきなわ散歩 第40回 まなざし  比嘉 慂 (漫画家)
世界論壇月評 朱 建 栄/竹田いさみ/吉田文彦/石郷岡建
●「ル・モンド・ディプロマティック」より
 ──格差拡大、環境の悪化、そして希望
    アンヌ・セシル・ロベール 訳=坪井善明
ドキュメント 激動の南北朝鮮 第176回 (12.1?12.2) 編集部
グラビア
フィリピン pervasive poverty──公募作品106  原田裕介

A SHOT OF THE WORLD  小原一真 (フォトジャーナリスト)
表紙の言葉  鈴木邦弘 (写真家)

グラビアについて (公募規定)
アムネスティ通信
読者談話室

表紙写真=鈴木邦弘
デザイン=赤崎正一+佐野裕哉
Webサイト制作=田原浩一

編集後記
全文掲載
岡本 厚 (本誌編集長)

ご意見・お問い合わせは こちらへ。>>>sekai@iwanami.co.jp


Copyright 2001-2008 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店