7月7日更新
 2011年3月11日の東北関東大震災で亡くなられた方々、被害を受けられた方々に、心より哀悼申し上げます。また被災によってご家族やご親戚、あるいはご友人を失われ、いまも仮設住宅などで不自由な生活を余儀なくされている方々に、心よりお見舞い申し上げます。
 福島第一原発の事故はなお進行中です。地震・津波の被害に加えて、原子力事故の被害を受けた地域の方々に、心よりのお見舞いを申し上げます。
「世界」編集部

『世界』第859号 表紙
定価 864 円 (本体800 円) (送料 110円)
ISSN 0582-4532 雑誌 05501-08
2014年8月号 7月8日発売

2014年9月号 (2014年8月8日発売予定) 予告
 歴代首相の中でも群を抜いて外遊の多い安倍首相。しかし、就任から1年半以上が経ついまも、日中・日韓の首脳会議は開かれていません。そのネックになっているのが安倍政権の歴史認識問題です。河野談話・村山談話の見直しをすると言っては批判を受けて撤回。昨年は、4月28日に政府主催による「主権回復の日」記念式典の強行、昨年末の安倍首相靖国参拝。今年の6月には、河野談話作成過程等に関する検討チーム (座長・但木敬一元検事総長) が報告書を発表しました。これらの動きに見られる安倍政権の歴史認識は、韓国や中国からの大きな反発を招いているだけでなく、アメリカの懸念をも招いています。次号では、この問題を掘り下げます。
 集団的自衛権についても、ひきつづき検証します。
 また、日本創成会議 (座長・増田寛也前岩手県知事/元総務相) が提起した人口減少にともなう「消滅可能性都市」問題についても批判的に考察します。

『世界』は、良質な情報と深い学識に支えられた評論によって、戦後史を切り拓いてきた雑誌です。創刊以来69年、日本唯一のクオリティマガジンとして読者の圧倒的な信頼を確立しています。とりあげるテーマは、政治、経済、安全保障、社会、教育、文化など多様ですが、エネルギー、地域、労働・雇用、医療・福祉、農と食などの分野の記事も掲載しています。 もっとも良質で、もっとも迫力ある雑誌をめざします。

ご購読者の皆様へ

本誌2011年1月号の特集の一部をPDFとし、無料でダウンロードすることができるようにしました。


『世界』臨時別冊 第852号 表紙
『世界』臨時増刊
定価 1028円+税 +送料
ISSN 0582-4532 雑誌 05502-01

2013年12月7日発売

今月号の目次
執筆者からのメッセージ
 今月は中島 徹
バックナンバー
バックナンバーのご注文
年間購読のお申込み
送付先ご住所の変更手続き
ご意見・お問い合わせは こちらへ。>>>sekai@iwanami.co.jp
Copyright 2001-2012 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店