刊行案内

シリーズ・講座・全集などの出版物について,全巻の内容や構成をご案内しています.

12月1日



総合 哲学・心理 宗教 言語 社会
歴史 文学 芸術・諸芸 自然科学 その他

▽最新刊
最終回/第IV巻『変革と激動の時代 明・清・近現代』(12月5日刊)

中国三千年の人物伝,いよいよ完結! 天才講釈師,反骨の大文人,破壊の女神…歴史を動かす人間のパトスが火花を散らす!
中国人物伝 IV 『変革と激動の時代 明・清・近現代』

第4回/『日本経済の構造変化』(12月9日刊)

日本経済はなぜ長期停滞に陥ってしまったのか?さまざまなデータから,その真の原因を探り,停滞脱却のための処方箋を提示.
シリーズ 現代経済の展望 『日本経済の構造変化』

第3回/第3巻『手鎖心中 たそがれやくざブルース 他』(12月9日刊)

直木賞受賞作「手鎖心中」,受賞後第一作「江戸の夕立ち」,短編集「たそがれやくざブルース」など,井上ひさしの時代到来を告げる作品群.
井上ひさし短編中編小説集成 3 『手鎖心中 たそがれやくざブルース 他』

第7回/『ある昭和の家族』(12月17日刊)

作家・檀一雄の異父妹が,母,十数人の兄弟や姉たちとの思い出を初めて綴る.こみいった人間模様の,いくぶん風変わりな大家族の物語.
シリーズ ここで生きる 『ある昭和の家族』

第6回/『第三冊 乱離の歌』(12月17日刊)

安禄山の乱が勃発し,自身も賊軍に拘禁されるという絶望的状況にあって,詩人は愁吟する.名篇「春望」をはじめ二四首を収録.
杜甫詩注 第I期 『第三冊 乱離の歌』

第10回/第10巻『1972-1978』(12月18日刊)

「歴史意識の「古層」」「近代日本の知識人」「日本思想史における問答体の系譜」「思想史の方法を模索して」などを収録.
丸山眞男集 10 『1972-1978』

第1回/第1巻『1933-1949』(12月25日刊)

学生時代のレポート「明治政府の秩禄処分とその影響」,戦後の作品「憲法研究委員会第一次報告」「孫文と政治教育」などを収録.

第2回/第3巻『立憲的ダイナミズム』(12月19日刊)

9条・集団的自衛権・軍の統制など安全保障の法的側面を検討し直すとともに,安全保障の対象の拡がりに対する憲法の対応も考察する.
シリーズ 日本の安全保障 3 『立憲的ダイナミズム』

第1回/第1巻『歴史観の転換』(2015年1月22日刊)

阿部謹也,川田順造,山口昌男,二宮宏之,加藤周一,石井進――戦後日本の学問や言論を主導してきた六人との対談に,「最終講義」を併載.


▽刊行中




Copyright 2014 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店