夏休み企画 本がとどくまで

「本がとどくまで」のtopへ


着想企画
原稿整理
組版指定
校正
印刷
製本
広告宣伝
取次会社
書店
読者


原稿整理

 企画が通ったら正式に著者に対して執筆の依頼をします。


原稿執筆

著者が必死で取り組んでいるようです。原稿の締め切り日は、執筆の依頼をしたときに決められていますが、その進行を見守るのも編集者の仕事。原稿をもらうために工夫を凝らすこともあります。たとえば、毎朝定時に著者宅に現れては、少しずつ原稿をもらっていく編集者の話とか。


原稿到着

待ちに待った原稿が到着!
原稿は、手書きのものとワープロ・パソコンなどがありますが、最近ではワープロ原稿が増えています。郵送、フロッピー、メールと、その受け渡し方法は、多様になっています。


原稿を読み込む

なにはさておき、原稿を読みます。編集者は、著者にとって世の中で一番最初の読者。「フムフム、おもしろいな」「少し説明を入れないと、専門家以外には意味がわからないかも」など、いろいろな感想を持ちながらとにかく読み通します。一度読み通してみると、なにげなく本の外見も含めたイメージが湧いてきます。そしてさらに、2〜3回くりかえし読み込むことで、より細かな部分までみえてきます。


著者と打ち合わせ

次は、読んだ感想を著者に伝えます。伝達方法は、電話であったり、手紙であったり、直接会うこともあります。工夫しだいでよりおもしろくなるところや、わかりにくいところは、書き直ししてもらうこともあります(何回もやり取りする場合も…)。ここが実は一番大変なところです。あまり率直に言い過ぎると、怒らせてしまうかもしれないし…。とにかく、日本語の使い方が大事ですね。


原稿完成

苦労の末、「完全原稿」が出来上がりました。





Copyright 2007 Iwanami Shoten, Publishers. All rights reserved. 岩波書店