江戸の見世物

象,ラクダ等の動物見世物,細工見世物,軽業,生人形など江戸の見世物の実像にせまる.図版多数.

江戸の見世物
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 川添 裕
通し番号 新赤版 681
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 日本史
刊行日 2000/07/19
ISBN 9784004306818
Cコード 0221
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 254頁
定価 本体800円+税
在庫 在庫僅少

江戸時代の見世物は誰にとっても親しみやすい代表的な大衆娯楽の1つであった.一目見ただけで御利益があるといわれた象などの動物見世物をはじめ,細工見世物,軽業,生人形など近世後期の見世物の実像を浮世絵や引札を駆使して描きだす.歌舞伎,祭り,テレビの娯楽番組等にも生きつづけている見世物の原点に迫る.図版多数.

書評情報

朝日新聞(朝刊) 2011年8月14日
毎日新聞(朝刊) 2011年2月22日
毎日新聞(朝刊) 2001年4月18日
ページトップへ戻る