桜の森の満開の下

一人の美しい女を妻にした山賊は,女が望むままに殺戮を繰り返す.虚しさの果てに山賊が見たものとは.

桜の森の満開の下
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 近藤 ようこ 漫画 , 坂口 安吾 原作
通し番号 文芸294
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 文芸
刊行日 2017/10/17
ISBN 9784006022945
Cコード 0179
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 208頁
定価 本体800円+税
在庫 在庫あり
鈴鹿の山に暮らす一人の山賊.怖いものなしの山賊が唯一怖れていたのは満開の桜の森であった.ある日,山賊は旅をする美しい女に出会い,その夫を殺して自分の妻にする.わがままな女の言いなりになる山賊と,涯のない欲望を持つ女はやがて――.[カラー6頁]
第一話 鈴鹿の山
第二話 八人目の女房
第三話 都の風
第四話 首遊び
第五話 退 屈
最終話 虚 空

あとがき
岩波現代文庫あとがき
近藤ようこ(こんどう ようこ)
1957年新潟市生まれ.漫画家.折口民俗学への関心から國學院大學に進学し,在学中に漫画家としてデビュー.中世の説経節を積極的に漫画に描き,また坂口安吾『戦争と一人の女』,折口信夫『死者の書』,夏目漱石『夢十夜』などの漫画化に取り組む.『水鏡綺譚』『説経 小栗判官』『ルームメイツ』『アカシアの道』など作品多数.

坂口安吾(さかぐち あんご)
1906-1955年.新潟市生まれ.作家.『白痴』『堕落論』など.『夜長姫と耳男』は『桜の森の満開の下』と並んで安吾文学の最高峰と言われる.

書評情報

読売新聞(朝刊) 2017年11月12日
読売新聞デジタル 2017年10月29日配信
朝日新聞(朝刊) 2017年10月22日

関連書籍

ページトップへ戻る