岩波現代全書

ダーウィンの遺産

進化学者の系譜

現代進化学に影響を及ぼし続ける「ダーウィンの遺産」を,衣鉢を継ぐ進化学者の系譜を辿りながら説き明かす.

ダーウィンの遺産
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 渡辺 政隆
通し番号 77
ジャンル 書籍 > 岩波現代全書 > 自然科学・科学史
シリーズ 岩波現代全書
刊行日 2015/11/18
ISBN 9784000291774
Cコード 0345
体裁 四六 ・ 並製 ・ カバー ・ 240頁
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
進化学の礎を築いたダーウィンの研究からは,遺伝学,生態学,動物行動学,形態学など様々な科学が生まれた.ベイトソン,フィッシャー,ホールデン,ハチンソン,ウィルソン,ドーキンス……「ダーウィンの遺産」がどのように発展し,現代進化学に影響を及ぼし続けているかを,衣鉢を継ぐ進化学者の系譜を辿りながら,説き明かす.

■編集部からのメッセージ

みなさんはダーウィンと聞いて,どんなイメージをもたれるでしょうか.一度見たら忘れられない(?)外見のおかげもあって,「進化論の祖」というキャッチフレーズとセットで日本でもその知名度は抜群です.とはいえ,ダーウィンが生まれたのは今から200年以上も前の1809年.文字通り「過去の人」というイメージが強いかもしれません(ただ,ダーウィンが1835年にヴィーグル号でガラパゴス諸島から持ち帰ったゾウガメが,2006年まで生きてきたということを知ると,少し身近な印象になるでしょうか).
 ですが,ダーウィンは決して「過去の人」ではありません.本書を読めば,ジョージ・エヴリン・ハチンソンやリチャード・ドーキンスにまで連なる錚々たる進化生物学者の研究が,すべてダーウィンの切り拓いたフィールドのうえで展開されていることが,お分かりいただけるかと思います.ダーウィン(の業績)は,死してもなお現役なのです.
 語り手は,サイエンスコミュニケーターの第一人者である渡辺政隆さん.ダーウィン生誕200年にあたる2009年に『種の起源』を新訳したことは大きな話題となりました.日本でも多くのファンをもつ古生物学者スティーヴン・ジェイ・グールドの軽妙かつ味わい深い文章を日本語におきかえる名翻訳者としても知られる渡辺さんのナビゲートで,「進化学200年の旅」をお楽しみ下さい.

■ 関連書

● 『一粒の柿の種――サイエンスコミュニケーションの広がり』 渡辺政隆
● 『想像するちから――チンパンジーが教えてくれた人間の心』 松沢哲郎
● 『生物進化を考える』【岩波新書】 木村資生
● 『地球全史 写真が語る46億年の奇跡』 白尾元理 写真/清川昌一 解説
● 『DNAで語る 日本人起源論』【岩波現代全書】 篠田謙一
渡辺政隆(わたなべ まさたか)
1955 年生まれ.筑波大学教授・サイエンスコミュニケーター.専門は,科学史,進化生物学,サイエンスコミュニケーション.著書『一粒の柿の種』(岩波書店),『ダーウィンの夢』(光文社新書),『DNA の謎に挑む』(朝日選書),訳書『種の起源』(ダーウィン,光文社古典新訳文庫),『ワンダフル・ライフ』(グールド,ハヤカワ・ノンフィクション文庫)他多数.

書評情報

日経サイエンス 2016年3月号
ページトップへ戻る