民族とネイション

ナショナリズムという難問

国民国家の登場以来の歴史をたどりながら,「民族」「ネイション」「ナショナリズム」とは何かを明らかにする.

民族とネイション
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 塩川 伸明
通し番号 新赤版 1156
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会
刊行日 2008/11/20
ISBN 9784004311560
Cコード 0231
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 238頁
定価 本体780円+税
在庫 在庫僅少
地域紛争の頻発や排外主義の高まりの中で,「民族」「エスニシティ」「ネイション」「ナショナリズム」という言葉がさかんに飛び交っている.だが,これらの意味や相互の関係はそれほど明確ではないのではないか.国民国家の登場から冷戦後までの歴史をたどりながら,複雑な問題群を整理し,ナショナリズムにどう向き合うかを考える.

書評情報

東京新聞(夕刊) 2009年4月28日
朝日新聞(朝刊) 2009年1月18日
東京新聞(朝刊) 2008年12月14日
ページトップへ戻る