岩波新書

百年前の日本語(冊子体)

書きことばが揺れた時代

百年前の書きことばは,驚くほど豊かな選択肢を備えていた──その姿を克明に描き,日本語の変化を問う.

百年前の日本語
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 今野 真二
通し番号 新赤版 1385
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 言語
刊行日 2012/09/20
ISBN 9784004313854
Cコード 0281
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 208頁
定価 本体700円+税
在庫 品切れ
漱石が自筆原稿で用いた字体や言葉の中には,すでに日本語から「消えて」しまったものがある?──百年前の書きことばが備えていた,現代では思いもつかない豊かな選択肢.その後活字印刷がひろまり,「読み手」が急速に増大したことで,日本語はどのように変わったのだろうか.豊富な具体例を通じて描く,画期的な日本語論.

書評情報

東京新聞(夕刊) 2013年3月5日
Z CLUB 2013年3月号
日本経済新聞(朝刊) 2012年11月25日
サンデー毎日 2012年11月11日号
週刊朝日 2012年11月2日号
京都新聞(朝刊) 2012年10月21日
朝日新聞(朝刊) 2012年10月14日
ページトップへ戻る