秀吉の朝鮮侵略と民衆

秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか.その構想と戦争の実態をたどりながら,日朝両国民衆の姿を描きだす.

秀吉の朝鮮侵略と民衆
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 北島 万次
通し番号 新赤版 1390
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 日本史
刊行日 2012/10/19
ISBN 9784004313908
Cコード 0221
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 238頁
定価 本体760円+税
在庫 在庫あり
日本では「文禄・慶長の役」と呼ばれてきた二度にわたる豊臣秀吉の朝鮮侵略は,後世の朝鮮観に大きな影響を与えた事件であった.秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか.その構想と李舜臣による亀甲船の戦いなど戦争の実態をたどりながら,朝鮮水軍の船漕ぎや朝鮮人となった日本人など日朝両国民衆の姿を描きだす.図版多数.

書評情報

歴史地理教育 2013年4月号
望星 2013年2月号
東京新聞(朝刊) 2012年12月2日
読売新聞(朝刊) 2012年11月18日
朝日新聞(朝刊) 2012年10月29日
ページトップへ戻る