ヘーゲルとその時代

ヘーゲルは時代をどう格闘し,過去の思想をいかに読み替えることで,自らの哲学を作り上げたのか.

ヘーゲルとその時代
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 権左 武志
通し番号 新赤版 1454
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 哲学・思想
刊行日 2013/11/20
ISBN 9784004314547
Cコード 0210
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 248頁
定価 本体800円+税
在庫 在庫あり
ドイツの哲学者ヘーゲル(1770―1831)は,激動の時代とどのように格闘し,過去の思想をいかにして読み替えることによって,自らの哲学を作り上げていったのか.『精神現象学』『法哲学綱要』『歴史哲学講義』など,思想形成のプロセスを歴史的文脈のなかで再構成し,今日に至るその影響力について考えるヘーゲル入門.

書評情報

朝日新聞(朝刊) 2014年1月12日
ページトップへ戻る