言葉と歩く日記

〈言葉と歩く〉旅の日々に,ふと見える世界とは? 現代を代表する作家が贈る,稀有な「自分観察日記」.

言葉と歩く日記
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 多和田 葉子
通し番号 新赤版 1465
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 随筆
刊行日 2013/12/20
ISBN 9784004314653
Cコード 0295
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 238頁
定価 本体760円+税
在庫 在庫あり
熊の前足と人の手,ドイツ語では単語が違う.では人の言葉で語る熊は,自分の手を何と表すだろう──.日独二カ国語で書くエクソフォニー作家が,「自分の観察日記」をつけた.各地を旅する日常はまさに言葉と歩く日々.言葉と出逢い遊び,言葉を考え生みだす,そこにふと見える世界とは? 作家の思考を「体感」させる必読の一冊.

書評情報

毎日新聞(夕刊) 2014年1月28日
ページトップへ戻る