電子書籍対応

〈老いがい〉の時代

日本映画に読む

人生の光と影が濃縮された戦後日本のスクリーンから,思いがけない未知なる時間への扉を開いてみよう.

〈老いがい〉の時代
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 天野 正子
通し番号 新赤版 1475
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会
刊行日 2014/03/20
ISBN 9784004314752
Cコード 0236
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 238頁
在庫 在庫あり
一本の映画を見終わって〈老いがい〉という言葉が浮かぶかも知れない.生の軌跡が流れ込み,人それぞれ独自の可能性にみちた,思いがけない未知なる〈老いがい〉.円熟と枯淡,衰えの悲哀,昭和の傷跡,思いがけない可能性――戦後日本映画が描いてきた様々な老いの扉を開いてみよう.

書評情報

読売新聞(朝刊) 2014年8月29日
日本経済新聞(夕刊) 2014年8月2日
しんぶん赤旗 2014年5月18日
教育学術新聞 2014年4月2日号

電子書籍

価格は各電子書籍書店にてご確認ください

ページトップへ戻る