電子書籍対応

アベノミクスの終焉

「アベノミクスによって日本経済は回復しつつある」という偽りの物語を暴き,データから警鐘を鳴らす.

アベノミクスの終焉
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 服部 茂幸
通し番号 新赤版 1495
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 経済
刊行日 2014/08/20
ISBN 9784004314950
Cコード 0233
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 220頁
在庫 品切れ
政府と日銀が紡ぐ「アベノミクスによって日本経済は回復しつつある」という「物語」.しかし,それは真実なのか.異次元緩和の始まりから一年がたった今,いくつもの「つまずき」を抱えたアベノミクスの実態が明らかになっている.政治のレトリックに惑わされることなく,客観的なデータにもとづき,警鐘を鳴らす.

書評情報

週刊ポスト 2014年11月7日号
東京新聞(朝刊) 2014年9月7日
ページトップへ戻る