プーチンとG8の終焉

クリミア編入後にG8の枠組みと決別したロシア.ナショナリズムと軍事力に訴える政策展開を報告する.

プーチンとG8の終焉
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 佐藤 親賢
通し番号 新赤版 1594
ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 政治
刊行日 2016/03/18
ISBN 9784004315940
Cコード 0231
体裁 新書 ・ 並製 ・ カバー ・ 256頁
定価 本体800円+税
在庫 在庫あり
クリミア編入後に,約二〇年関与してきた「G8」の枠組みと決別したロシア.経済的苦境に直面し,ナショナリズムと軍事力に訴える大国の動向は,混迷する中東情勢にも関わり,国際秩序の動揺を加速しかねない.著者自身の長期取材をもとに,ウクライナ危機の推移を追うことで,プーチン大統領が展開する政策の本質に迫る.
ページトップへ戻る