万葉集 (五)

万葉集の掉尾を飾る,自然と心情の繊細な描写.

万葉集 (五)
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 佐竹 昭広 校注 , 山田 英雄 校注 , 工藤 力男 校注 , 大谷 雅夫 校注 , 山崎 福之 校注
通し番号 黄5-5
ジャンル 書籍 > 岩波文庫
日本十進分類 > 文学
刊行日 2015/03/17
ISBN 9784003000588
Cコード 0192
体裁 文庫 ・ 並製 ・ カバー ・ 504頁
定価 本体1,160円+税
在庫 在庫あり

うらうらに照れる春日(はるひ)にひばり上がり心悲(がな)しもひとりし思へば――雄略天皇の素朴な求婚の歌に始まった万葉集は,大伴家持のこの春愁の歌に到達し,やがて家持の元日賀歌「新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事」で幕を閉じる.他に越中布施湖遊覧の歌,防人歌など,巻十八~二十の485首.全歌,訳・注付.[全5冊完結]

ページトップへ戻る