電子書籍対応

論理哲学論考

〈天才〉が生前刊行した唯一の哲学書.

論理哲学論考
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 ウィトゲンシュタイン , 野矢 茂樹
通し番号 青689-1
ジャンル 書籍 > 岩波文庫
日本十進分類 > 哲学/心理学/宗教
刊行日 2003/08/19
ISBN 9784003368916
Cコード 0110
体裁 文庫 ・ 並製 ・ カバー ・ 256頁
在庫 在庫あり
「語りえぬものについては,沈黙せねばならない」という衝撃的な言葉で終わる本書は,ウィトゲンシュタイン(1889-1951)が生前に刊行した唯一の哲学書である.体系的に番号づけられた短い命題の集積から成る,極限にまで凝縮された独自な構成,そして天才的な内容.まさに底知れぬ魅力と危険をはらんだ著作と言えよう.

■編集部からのメッセージ

ウィトゲンシュタイン(1889-1951)の『論理哲学論考』の最後の言葉「語りえぬものについては,沈黙せねばならない」は,実に印象的かつ魅力的なフレーズですが,この哲学書を本当の意味で理解するとなると,大変な困難にぶつかります.極限にまで凝縮されたその叙述スタイルといい,内容といい,〈天才〉が書いた本であることを痛感させられます.
 野矢先生の翻訳は,日本語として「読める」訳にすることはもちろん,詳しい訳注および索引も付して,この哲学書の魅力を十二分に味わえるように配慮されています.文庫という小さなサイズの本なので,少しでも読みやすくなるように,文字の大きさや行数や行間等,版面にも神経を配りました.コンパクトでありながら充実した本に仕上がっていると思います.
 常に持ち歩いて,折にふれて開き,思索にふけるというのもいいかもしれません.なお,2002年に哲学書房から刊行された野矢先生の『ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む』を合わせて読むと,理解がいっそう深まるかもしれません.

書評情報

UP 2017年4月号
読売新聞(朝刊) 2013年8月4日
図書新聞 2011年1月15日号
朝日新聞(朝刊) 2010年10月27日
リテレール別冊19ことし読む本いち押しガイド2004 2003年12月号
読売新聞(夕刊) 2003年10月11日
朝日新聞(朝刊) 2003年10月5日
信濃毎日新聞(朝刊) 2003年9月28日
週刊朝日 2003年9月19日号
週刊読書人 2003年9月12日号

電子書籍

価格は各電子書籍書店にてご確認ください

ページトップへ戻る