対訳 ディキンソン詩集

アメリカ詩人選(3)

強固な自我と厳しい抑制を斬新な発想でうたいあげた千数百篇の詩の中から,50篇を精選.ディキンソンの魅力を堪能できる1冊.

対訳 ディキンソン詩集
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 亀井 俊介
通し番号 赤310-1
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(外国文学/アメリカ)
日本十進分類 > 文学
刊行日 1998/11/16
ISBN 9784003231012
Cコード 0198
体裁 文庫 ・ 並製 ・ カバー ・ 176頁
在庫 重版中
生前,わずか10篇の詩を発表しただけで,無名のまま生涯を終えたエミリー・ディキンソン(1830-86).没後発見された千数百篇にのぼる詩によって,今日アメリカの生んだ最もすぐれた詩人の1人に数えられるに至った.「夢をはらむ孤独者」とよばれるディキンソンの傑作50篇を懇切な注で堪能できる待望の1冊.

-

 エミリ・ディキンソンEmily Dickinsonは,アメリカの北東部,ニュー・イングランドの田舎町に生まれ育ち,その外に出ることは滅多になかった.人生のなかばからは,家の外に出ることすらなくなってしまった.そして詩を書いていたのだが,生前に印刷されたのは10篇だけ.それもすべて匿名で,自分からすすんで発表した詩は1編もなかったと思われる.だから,もちろん,詩人としてはまったく無名だった.世間の人はその存在も知らなかった.
 ところが,いまや,彼女がアメリカの生んだ最高の女性詩人であることは,広く認められている.いや「女性」などという限定をとっぱらっても,彼女がウォルト・ホイットマンWalt Whitmanと並んで,アメリカを代表する詩人であることに,異論をはさむ人はほとんどいないだろう.
(「まえがき」より)

書評情報

日本経済新聞(夕刊) 2015年1月28日
書評空間 2013年7月28日掲載
朝日新聞(be) 2011年9月3日
ページトップへ戻る