続審問

巨匠ボルヘスの,評論・エッセイでもっとも重きをなす書.フィクションとエッセイのあわいをなす,ボルヘス文学のもう一つの核.

続審問
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 J.L.ボルヘス , 中村 健二
通し番号 赤792-3
ジャンル 書籍 > 岩波文庫 > 赤(外国文学/南北ヨーロッパ・その他)
日本十進分類 > 文学
刊行日 2009/07/16
ISBN 9784003279236
Cコード 0198
体裁 文庫 ・ 並製 ・ カバー ・ 406頁
定価 本体960円+税
在庫 在庫あり

巨匠ボルヘスのエッセイの代表作.時間的にも空間的にも遠く離れた作家や文学作品を途方もない博識と思いも及ばぬ驚異的な連想力で結びつけ,作家をつうじて現れた文学表現の総体もしくは伝統を論じる,巨匠だけがなしうる批評の冒険.フィクションとエッセイのあわいをなす,底知れぬ奥行きを感じさせるボルヘス文学のもう一つの核.

書評情報

毎日新聞(夕刊) 2009年10月28日
ページトップへ戻る