岩波文庫

俳句はかく解しかく味う

俳句はかく解しかく味う
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 高浜 虚子
通し番号 緑28-2
ジャンル 書籍 > 岩波文庫
日本十進分類 > 文学
刊行日 1989/10/16
ISBN 9784003102824
Cコード 0195
体裁 文庫
在庫 品切れ
芭蕉・蕪村・一茶・子規など元禄から明治まで四十六人の俳人の句およそ二百句をとりあげ,俳句とはどういうものか,どう味わったらよいかを説く.ずばりと句の核心を言いあてる評解,自在な語り口は見事という他はないが,その背後には「俳句は即ち芭蕉の文学」だとする虚子(一八七四―一九五九)の確信があった. (解説 大岡 信)
ページトップへ戻る