岩波ブックレット

憲法九条,いまこそ旬

なぜ,いまこそ,日本,そして世界で九条が大切なのか.九人が自らの体験とともに熱く語る.

憲法九条,いまこそ旬
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 井上 ひさし , 梅原 猛 , 大江 健三郎 , 奥平 康弘 , 小田 実 , 加藤 周一 , 澤地 久枝 , 鶴見 俊輔 , 三木 睦子
通し番号 639
ジャンル 書籍 > 岩波ブックレット
日本十進分類 > 社会科学
刊行日 2004/11/05
ISBN 9784000093392
Cコード 0336
体裁 A5 ・ 並製 ・ 62頁
在庫 品切れ
近年の「改憲」の動きの中で論議の中心になっているのが憲法九条をどうするのか,ということである.作家,学者など九人が,なぜいまこそ,日本で,そして世界で憲法九条が大切なのかを,各々の体験とともに熱く語る.多数の参加者を得た「九条の会」発足記念講演会での講演を収録.

■編集部からのメッセージ

 近年の改憲論議のなかで,憲法九条をどう考えるか,は,議論の中心になっています.
 今年の6月に「九条の会」が結成されました.
 この本の執筆者である「九条の会」の九名の方たちは,様々な立場の違いをこえて「手をつなぎ「改憲」のくわだてを拒む」ことを呼びかけています.
 7月24日に開催された「「九条の会」発足記念講演会」の講演記録に加筆して編集しましたのが,このブックレットです.
 それぞれの方々の熱い思いが伝わってくる1冊です.

井上ひさし 梅原 猛 大江健三郎


奥平康弘 小田 実 加藤周一


澤地久枝 鶴見俊輔 三木睦子
憲法は優越する 井上ひさし
平和憲法の精神を崩してはいけない 梅原 猛
「希求する」という言葉 大江健三郎
なぜ九条の会か 奥平康弘
根本原理としての憲法九条 小田 実
改憲論をどう考えるか 加藤周一
絶望するには早すぎる 澤地久枝
私は殺した,だが,殺すことはよくない 鶴見俊輔
一人でも多く 三木睦子
九条の会(きゅうじょうのかい)
2004年6月10日,本書に登場する九氏は「九条の会」を発足させました.発足にあたってのアピールでは,「九条を中心に日本国憲法を「改正」しようとする動きが,かつてない規模と強さで台頭」していることに警鐘をならし,「日本と世界の平和な未来のために,日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ,「改憲」のくわだてを阻むため,一人ひとりができる,あらゆる努力をいますぐ始めること」を呼びかけました.いま,この呼びかけにこたえて動き始めた人びとによって,全国各地や分野ごとに大小さまざまなグループがつくられ,学習会や講演会をひらくなど,「九条を守る」運動が広がっています.
事務所 〒101-0065東京都千代田区西神田2-5-7-303
電話 03-3221-5075
URL http://www.9-jo.jp/

書評情報

前衛 2005年1月号
しんぶん赤旗 2004年12月5日
ページトップへ戻る