岩波現代文庫

原初生命体としての人間

野口体操の理論

からだの動きの実感を手がかりに人間とは何かを探求.従来の身体観を覆す,独創的な運動・感覚・言葉論.

原初生命体としての人間
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 野口 三千三 , 養老 孟司 解説
通し番号 社会80
ジャンル 書籍 > 岩波現代文庫 > 社会
日本十進分類 > 芸術/生活
刊行日 2003/06/13
ISBN 9784006030803
Cコード 0175
体裁 A6 ・ 並製 ・ カバー ・ 310頁
在庫 在庫あり

からだの力を抜き,重さに任せきったときに生まれる,ゆらゆらと揺れる気持ちのよい動き.それが「原初生命体の液体的な状態」を実感する動きである.従来の体操観を覆す野口体操の理論は,著者自身のからだの動きの実感を手がかりに生み出された.本書は,その思索を端的に語るものであり,また身体的思考にもとづく独創的な人間論,運動・感覚・言葉論でもある.

ページトップへ戻る