辞典
新刊

日本語 語感の辞典

「感激・感動・感銘」「瞬時・瞬間・瞬く間」の違いとは?類語の微妙な差(ニュアンス)を探るための最適な辞典が登場.

日本語 語感の辞典
このエントリーをはてなブックマークに追加
著者 中村 明
ジャンル 書籍 > 辞典
日本十進分類 > 語学
刊行日 2010/11/25
ISBN 9784000803137
Cコード 0581
体裁 四六 ・ 上製 ・ 函入 ・ 1196頁
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
「発想・着想・思いつき」「心得・素養・たしなみ」「感激・感動・感銘」……意味は似通っていても言葉には微妙な「語感(=語のもつ感じ)」の違いがある.著者の日本語研究の集大成として「語感の違い(=ニュアンス)」を中心に解説した初の辞典が誕生.多彩な言葉を探りながら,日本語の知識が身に付く,蘊蓄満載の読める辞典.


■著者からのメッセージ

 言葉が運ぶのは情報だけではない.そう表現した人自身も相手に伝わる.意味で「宵」「晩」「夜」を区別し,語感で「夕方」「夕刻」「夕暮れ」「たそがれ」を使い分ける.意味と語感の双方から最適の一語にしぼる過程で意味を調べる国語辞典は多いが,語感を知る手がかりとなる専門辞典は存在しない.雑誌の座談会(「語感とイメージ」1980年)で辻邦生・大岡信・谷川俊太郎の三氏と語感について語り合ってから三十年,折々考えた多彩な語感のヒントを集大成したこの辞典が日本語の表現の勘をみがく刺激になればと願う.










中村 明(なかむら・あきら)
1935年山形県鶴岡市生れ.国立国語研究所室長・成蹊大学教授を経て早稲田大学名誉教授・山梨英和大学教授.主著『日本語レトリックの体系』『日本語の文体』『笑いのセンス』『文の彩り』(岩波書店),『作家の文体』『名文』『笑いの日本語事典』(筑摩書房).『三省堂類語新辞典』編集主幹.高校国語教科書(明治書院)統括委員.

書評情報

東京新聞(朝刊) 2015年12月2日
朝日新聞(朝刊) 2015年7月16日
朝日新聞(朝刊) 2014年1月18日
朝日新聞(be) 2013年8月24日
産経新聞 2012年5月24日
朝日新聞(夕刊) 2012年5月23日
産経新聞 2012年1月23日
週刊読書人 2011年7月22日号
日経産業新聞 2011年7月8日
週刊金曜日 2011年6月24日号
日本語学 2011年6月号
山梨日日新聞 2011年5月12日
月刊日本語 2011年5月号
南日本新聞 2011年4月18日
毎日新聞(朝刊) 2011年4月10日
週刊東洋経済 2011年3月19日号
エイムック 2149
『本屋さんへ行こう』(2011年3月)
週刊読書人 2011年3月11日号
文學界 2011年3月号
週刊朝日 2011年2月18日号
北海道新聞(朝刊) 2011年2月13日
読売ADリポートojo 2011年2/3月号
読売新聞(朝刊) 2011年1月28日
日本経済新聞(朝刊) 2011年1月23日
毎日新聞(朝刊) 2011年1月19日
東京新聞(朝刊) 2011年1月16日
産経新聞 2011年1月9日
みすず 2011年1.2月号
京都新聞(夕刊) 2010年12月25日
中国新聞(朝刊) 2010年12月24日
信濃毎日新聞(朝刊) 2010年12月22日
山形新聞(夕刊) 2010年12月22日
朝日新聞(朝刊) 2010年12月16日
東京新聞(夕刊) 2010年12月14日
朝日新聞(朝刊) 2010年12月12日
読売新聞(朝刊) 2010年12月5日
信濃毎日新聞(夕刊) 2010年12月1日
岩手日日新聞 2010年12月1日
琉球新報 2010年11月30日
茨城新聞 2010年11月28日
十勝毎日新聞 2010年11月27日
北日本新聞(朝刊) 2010年11月25日
南日本新聞 2010年11月23日
愛媛新聞 2010年11月23日
苫小牧民報 2010年11月23日
東京新聞(夕刊)〔早版〕 2010年11月22日
陸奥新報 2010年11月22日
山形新聞(朝刊) 2010年11月19日
ページトップへ戻る